強風の氷ノ山へ=アップです=

強風の氷ノ山へ=アップです=

3/13 入山禁止で登れなった氷ノ山に仲間4人で再挑戦。
わかさ氷ノ山スキー場リフト終点に立つと強い風で展望も悪かったが徐々に青空が広がってきてスノーシューで
快適に登れました。しかし予想以上の雪の量は非常に多く、風のきついところでは雪庇が大きく難儀した。
最大の難関、甑岩のトラバースは、雪が飛ばされアイスバーンのところもあり滑落の危険もあったので
すこし下までおりて尾根に登り返した。氷ノ越からの下山時は急斜面をシリセードで雪遊びを楽しみました。
強風と、稜線の雪庇に悩まされたが、久し振りの氷ノ山で雪山を満喫、大満足です。
IMG_8120.jpg
往路:自宅~R29~R482~わかさ氷ノ山スキー場 2時間20分
復路:往路を帰る 2時間30分


行程: 7.5K 4時間55分(休憩含む)
わかさスキー場リフト終点(9:30)三の丸(10:20)氷ノ山山頂(11:20)氷ノ山越避難小屋(12:35~13:15)
氷ノ山名水(14:00)駐車場(14:25)

前回、入山禁止で登れなかったので、なんとかリベンジを思案、仲間と13日か14日に絞って天気予報と睨めっこ。
スキー場の情報も聞き、13日に決定した。
Yさんの車でR29を北上、天候もスキー場手前から徐々にあかるくなってきた。
スキー場の駐車場は、平日とあって数台しか駐車していない。しかも料金は無料だ。ラッキー!
リフト前のパトロール詰所で登山届を出しリフトで取り付き地点へ。 
IMG_8066.jpg IMG_8067.jpg IMG_8069.jpg
リフトを二本乗り継いで終点で登山準備、Yさんと私はスノーシュー、OさんとA女史はワカンをつけ取り付き点から
尾根へと登って行く。風が強く寒く感じるが青空が広がって来たので大丈夫でしょう。
雪は多いが、放射冷却で締まっておりスノーシューの爪が良く効いた。
しばらく急登を登って行くと、左手に視界が開け、これから登る氷ノ山の姿が見えだした。
IMG_8076.jpg IMG_8077.jpg IMG_8078.jpg
高度を上げて痩尾根をすすむとやがて平坦部に到着。融けだしてはいるが霧氷の花が咲いている。
ここで休憩されていた4人組と挨拶を交わして先に三の丸へと向かいます。
IMG_8079.jpg IMG_8081.jpg IMG_8082.jpg
広い雪原をドンドン進んで行くと三の丸手前の東屋が見えてきた。この辺りは、昨年、ホワイトアウトで撤退したところだ。
風が強いので、いたるところに風紋が出来ている。
三の丸の避難小屋も半分埋まっている。ここからの山頂の展望が姿が素晴らしい! 
IMG_8087.jpg IMG_8090.jpg IMG_8091.jpg
モンスター化したブナ林でカメラタイム、休憩されていた男女8人のグループと出会う。何と京見山でお見かけする
Mさんグループだった。(A女史が所属している山の会)挨拶を交わして先に進む。
この辺りも風が強く大きな雪庇が張り出しています。
 IMG_8096.jpg IMG_8097.jpg
  IMG_8099.jpg IMG_8104.jpg
動画:2015-3/13 氷ノ山スノーハイク ☜クリック
雪原の向こうに山頂が見えてきたが、まだまだ遠い!
小さなアップダウンを繰り返しながら、最後の急登を登るとトイレのある展望台の先に山頂避難小屋が見えてきた。
山頂は、風で雪が飛ばされているが、地肌が見えるほどではない。
時間は11:20分、すこし早いのでそのまま氷ノ山越方面に下山することにした。
 IMG_8107.jpg IMG_8106.jpg
 IMG_8116.jpg IMG_8119.jpg
鉢伏スキー場を右手に見ながらコシキ岩方面に向かうがトレースは全くなし。スノーシューで踏みしめながらゆっくりと 
斜面を下って行くが、風のため表面の雪が飛ばされ、下はアイスバーン状態に。
最大の難所であるコシキ岩をトラバースを試みるが、急斜面は歯が立たないので一旦下って、尾根に取り付く。
緊張を強いられる場所だ!
IMG_8126.jpg  IMG_8130.jpg IMG_8132.jpg
なんとかコシキ岩を通過、雪庇が大きく張り出している尾根を下りブナ林を抜けて氷ノ山越避難小屋を目指すが、
雪が多く小屋が確認出来ないのであれっと思ったら突然面の前に現れた。
山頂から1時間15分、小屋に入り、熱いそばとオニギリで昼食。休憩していると、Mさんグループが追いついて来られ、
先にわかさスキー場方面に降りられた。
IMG_8133.jpg IMG_8140.jpg IMG_8142.jpg
我々を下山準備をして彼らの後を追いかけることに。
急斜面を滑るように樹林地帯を下って行くが、此方は湿った雪でズボズボト膝まで入るところがあり、
スノーシューが沈み苦労するが、時折シリセードで楽しみながら下る。
IMG_8143.jpg IMG_8145.jpg IMG_8146.jpg
樹林地帯を抜けると緩やかな尾根歩き、眼下にスキー場が見えてきた。
再び樹林の中をジグザグに下ると、氷山命水酌み場に到着。R482の車道を駐車場へ30分程歩き無事駐車場に
下山した。 
 IMG_8148.jpg IMG_8150.jpg IMG_8152.jpg
パトロールに下山報告をして、R482を戻りR29の手前にある帰りは若桜ゆはら温泉「ふれあいの湯」で汗を流し
帰路に着いた。






スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

権兵衛さん、こんばんわ~

氷ノ山のレポート見せていただきました。
2回目の挑戦で見事成功!おめでとうございます。
雪深い氷ノ山でモンスターや樹氷も待っててくれましたね。
セッピも大きく這い出して真冬の様子、動画もお天気良くてよかったですね。

今季の雪山を締めくくる?にふさわしい山行、4人さんの足並みもそろって快足でしたね。

NoTitle

モンスターがみごとですねぇー!
暖かくなり もう融けているでしょうか。
春へと変わる 雪山を見てみたいです。
ありがとうございました。

こんにちはe

こんにちは
氷ノ山リベンジ出来て良かったですね
まだまだ雪がきれいなのですね、もっと汚れているかと思っていましたが
大雪原にモンスターが凄いですね
こしき岩のトラバースはアイスバーンで危険だったのですね
無事通過で一安心でしたね
雪の氷ノ山、何回かこのコースを歩いたことがあるので、懐かしく拝見しました
有り難うございました
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索