駒の尾山から後山に=アップです=

駒の尾山から後山に=アップです=

5/20 ネット仲間のk2さんの情報で駒尾の山のヤマシャクを見に明神山の常連さんと出掛けてきました。
谷筋の下は見頃、上部は蕾でした。もう少し楽しめそうです!
駒の尾から足を延ばして鍋ヶ谷山、舟木山、後山を歩き、鍋ヶ谷林道から下山し、たたらの里の
クリンソウを見てきました。
IMG_8812.jpg IMG_8877.jpg
往路:自宅~R29~斉木口からR429~千種高校~R72ちくさ駒の尾登山口 1時間30分
復路:往路を帰る。


工程:歩行時間  4時間50分(休憩含む)
ちくさ駒の尾登山口(9:10)大海里峠(10:04)駒の尾山山頂(10:48~10:55)鍋ヶ谷山(11:16)舟木山(11:43)
後山(12:00~12:35)鍋ヶ谷林道(12:50)登山口(13:18)林道終点(13:57)駒の尾登山口(14:00)
IMG_20150527_0001.jpg
明神山のMさん、Fさん、Yさん、京見山のMさんと、合流し、9時すぎに、ちくさの駒の尾登山口に到着。
すでに3台の車が駐車していました。登山準備をして、登山道へ。
登り始めてすぐ、足元にチゴユリ発見です。
IMG_8805.jpg IMG_8807.jpg IMG_8808.jpg
小橋を渡り、山腹を進んで行くと、谷筋にヤマシャクが咲いていました!
谷筋の下は見頃、上部は蕾でした。もう少し楽しめそうですね。
しばらく、カメラタイムです!
IMG_8810.jpg IMG_8813.jpg IMG_8814.jpg
今年は少し多いかなと話をしながら高度をかせぎながら山腹を巻いていきます。
途中で、先行されていた2組のグループと出会い、挨拶をして更に進んで大海里峠へ。
大海里からは那岐山がはっきりと確認できる。小休止の後、駒の尾山方面へ向かう。
IMG_8815.jpg IMG_8816.jpg IMG_8818.jpg
丸太の急な階段を登りきると登山道の両側にネマガリダケがあらわれる。
早速スズコを探し出す仲間たちだが、細いのばかりで・・。
避難小屋の手前で、やはりスズコを捜すのに一生懸命の夫婦連れを追い越し、駒の尾山頂へ。
IMG_8820.jpg IMG_8822.jpg IMG_8823.jpg
山頂には、駒の尾山頂を示す石柱があり周りを東西南北を示す石が置いてあり。離れてみるとこれは日時計です!
考えて置いてありますね。
山頂からの展望は良く、目の前に三室山、反時計回りに,ちくさ高原、那岐山、日名倉山が見えます。
IMG_8830.jpg IMG_8831.jpg 
IMG_8825.jpg IMG_8826.jpg
動画:☞クリック駒の尾山山頂より
展望を楽しんだ後、ちくさスキー場か後山かと悩んだ末、後山に行くことに決定。
山頂を後に広々とした歩きやすい登山道を進み鍋ヶ谷山、舟木山を目指す。
IMG_8834.jpg IMG_8835.jpg IMG_8839.jpg
ここにもスズコ撮れるのでお土産に頂戴する。
やがて舟木山山頂に到着、ここからも日名倉山がよく見える。
鍋ヶ谷林道への分岐をやりすごし、更に進むと後山山頂が見えてきました。
IMG_8840.jpg IMG_8843.jpg IMG_8847.jpg
急登を登りきると、後山山頂だ。見覚えのある祠が鎮座しています。
ここには、宍粟市の道標と、岡山県美作市の道標が三角点を境に対峙して立っています。
宍粟市は1345Mで岡山県は1344Mと表示?岡山側が1M低い!?
ここでゆっくりと昼食を摂り、元来た道を帰るか、鍋ヶ谷林道を下るか?ここは、初めての鍋ヶ谷へ下ろうと
決め、下山を開始する。先ほど登って来た駒の尾山の展望が実にすばらしい。
IMG_8851.jpg IMG_8850.jpg IMG_8856.jpg
舟木山手前まで戻り、ここから鍋ヶ谷林道に入る。
踏み跡はあるが、狭い歩きにくい道を下って行くとやがて、登山道ははっきりして広い道と変わるが、急坂である。
IMG_8858.jpg IMG_8859.jpg IMG_8860.jpg
20分も下ると、くなき山登山口の道標が現れ、広い林道に。登りに使うとかなりしんどいだろう・・。
約2Kほどのこの林道を歩いて行くとR72に出た。ここから車を止めた登山口までは3分程で戻った。
IMG_8864.jpg IMG_8865.jpg IMG_8872.jpg
蹴り支度をしていると、宍粟ガイドクラブのYさん一行の車と出会い、話をすると駒の尾から大海里山、ダルガ峰、
ちくさスキー場へ周回し、クリンソウを見て帰りだった。これからたたらの里のクリンソウを見に行くらしい。
我々もたたらの里のクリンソウをみに行こう。
クリンソウは今が盛りです!ちくさ高原のクリンソウは6月中旬まで楽しめるらしいです。
帰りに、エーガイヤで汗を流して帰路に着いた。
ドウダンツツジが、見当たらず、今年は、裏年だろうか・・残念です。
IMG_8873.jpg IMG_8876.jpg IMG_8877_20150527141222b93.jpg















スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

兵庫の山は遠くて

兵庫に住みながら 最近兵庫の山は 六甲以外は遠いです。

歩きたいとは思っているのですが、
ヤマシャクに、クリンソウと 春の花が待っていてくれて
バンザーーイでしたねっ。

精力的に歩いていられますね。
すばらしいー♪

こんにちは

こんにちは
駒の尾山のヤマシャクと千種高原のクリンソウは、人気の定番コースですね
きれいな花が見られて良かったですね
私はついにいきそびれてしまいました
コースはお好みでいろいろのようですね
かなり歩かれたようですね、健脚揃いですからね
私は鍋ヶ谷のコースは歩いたことがありません
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索