坂の谷から氷ノ山に=アップです=

坂の谷から氷ノ山に=アップです=

6/23 宍粟ガイドクラブのYさんから坂の谷コースを歩こうとお誘いを受けていたのがやっと実現。
明神山の常連さんたちと総勢10人で。あいにくの空模様で心配しながらの登山であったが、なんとかパラパラぐらいで
無事下山。展望はダメであったが、花達に癒されました。
IMG_9098.jpg IMG_9148.jpg
往路:自宅~R29~ヤマメ茶屋~広域林道瀞川氷ノ山線~坂の谷コース登山口 約2時間
復路:往路を帰る(途中、風香荘で入浴)


工程: 12.4K 歩行時間4時間40分(休憩含む)
坂ノ谷コース登山口(9:10)~殿下コース合流点(10:20)~三の丸(10:34)~氷ノ山山頂(11:27~11:55)
三の丸(12:38)殿下コース合流点(12:54)~坂ノ谷コース登山口13:50)
IMG_20150626_0002.jpg

林道整備を終えた広域基幹林道瀞川氷ノ山を走り、坂の谷登山口から氷ノ山に。
Yさんの車で自宅から29号線を北上、戸倉スキー場を少し過ぎたところに、朽ちかけたやまめ茶屋の看板がある。
右折し、林道へ。ここでMさんと待ち合わせていたのですが・・・車が見当たらない!
携帯で電話するも通じない。Nさんにも掛けたが・・間違って坂の谷の登山口に居るのではと判断し登山口へ急ぐと
やはり、車が駐車している!見渡したがいないので先に出発したのだろうと追い掛けることに。
IMG_9183.jpg IMG_9100.jpg IMG_9098_201506251555571d0.jpg
林道を少し進むと右手に登山口の道標があり、ここから登山道に。あれ!草の葉の上にノートの切れ端のようなものが
が置いてあるので、良く見ると「お先に」と書いてあり10分ほど前に通過したらしい。
そのうち追いつくだろうと此方のペースで進むことにし、杉林の中へ。
IMG_9103_20150625160710592.jpg IMG_9105.jpg IMG_9106.jpg
やがて杉林から雑木林にかわり、ブナ混じりの登山道で先行するMさん達と合流、しばらく文句の応酬?
お互い気がすんだのか、わいわいといつものペースで整備された歩きやすい登山道を進んでいきます。
IMG_9108_2015062516070846d.jpg IMG_9109.jpg IMG_9111.jpg
この辺りはブナの大木や倒木、立ち枯れの木が。空洞になったところに観音様が祀られてるみたいと誰かが、・・神秘的ですね。
IMG_9113.jpg IMG_9114.jpg IMG_9168.jpg
雑木林を抜けると今度は両側に背丈を越えるネマガリダケの登山道になる。スズコをチラホラ見つけるがすでに
時期を過ぎて硬くなっているのが多いようだ。
ここで岩の上に木が生えていてまるで自然の生け花?発見!
しばらく進むと殿下コースとの合流点に到着。
IMG_9125.jpg IMG_9120.jpg IMG_9122.jpg
途中の分岐の標識に鳥取県若桜町と兵庫県宍粟市波賀町と書いてあります。県境尾根かな。
多分雪山で若桜氷ノ山スキー場上部から登って来るコースだ。
おなじみの赤いい三角屋根の避難小屋にでるとすぐに三の丸だ。展望台に登ってみるが、曇っていて何も見えない。
IMG_9126.jpg IMG_9128.jpg IMG_9130.jpg
展望台からの動画:2015-6/23 氷ノ山-①  ☜クリックして下さい。
ガスが出てきたようで、山頂方面は霞んでしまっている。
丸太の階段やスノコが敷いてある登山道を進み、芦生杉の大木の中を抜けると山頂方面が見えてきた。(雪山の時)
IMG_9132.jpg IMG_9133.jpg IMG_9136.jpg IMG_9138.jpg IMG_9139_20150625172747475.jpg IMG_8105.jpg
山頂への笹の生い茂る登山道を20分程登ると山頂避難小屋が見えてきた。展望台つきの立派なトイレに出ると山頂だ。
山頂には5人グループさんが食事を摂られていたので挨拶を交わし、避難小屋内で昼食。
IMG_9145.jpg IMG_9146.jpg IMG_9150.jpg
動画:山頂手前の登山道☞クリック
2015-6/23 氷ノ山―② 食事を終えて小屋の外に出ると空模様が怪しくなってきたのですぐに下山にかかる。
ガスが出始め展望は全くなし。三の丸まで40分ほどで下って来た。
IMG_9154.jpg IMG_9155.jpg IMG_9161.jpg
少し落ち着いてきたのでゆっくりと花を捜しながら下ることに。赤い三角屋根の避難小屋のそばを通り殿下コースの合流点まで
帰って来た。登山道脇にはニガナ、ギンリョウソウ、タニギキョウ、マイヅルソウ、エンレイソウが迎えてくれる。
IMG_9162.jpg IMG_9124.jpg IMG_9167.jpg IMG_9141.jpg IMG_9134.jpg IMG_9171.jpg
そうこうするうちに登山口まで下りてきました。ここまで1時間。
あとは林道を少し歩いて駐車場に戻る。こんなところにもギンリョウソウ、咲いていないがイチヨウランがひっそりと。
もう少し早ければスズコもゲットできますね。露の合間の静かな山行きでいろんな花に出会えて楽しかったです。
元気をもらいました。そうそう、非常にうれしかったのはショウキランに会えたこと!「絶滅危惧IB類(EN)環境省レッドリスト」
IMG_9175.jpg IMG_9176.jpg IMG_9177.jpg
ショウキラン
IMG_9169.jpg IMG_9172.jpg
他に出会った花:山頂避難小屋脇に咲いていたのですがタニウツギ?すこしちがうようです?         
IMG_9153_20150626130818fae.jpg IMG_9156.jpg IMG_9118.jpg



  






















スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

御訪問をありがとうございました。

氷ノ山行かれたんですね。
展望はいまいちでしたか。
今年は曇天が多いとか 大展望ゲットは むずかしいのでしょうか。
お疲れ様でした。

ルーンさんとはもう長くなりました。
ルーンさんからお誘いを頂、き
Tokiwaさんと るーンさんと 私の3人で 摩耶山を一緒に登りましたよ。
だんだんにグレードアップ、
ついにアルプステント泊へと 進化されました。

当方は いまだ 同じところをうろうろですわ。

お写真をありがとうございまーす。
癒されます。

レポート拝見しました。

先行者のお仲間に会えてよかったですね。

動画も拝見しましたら、雄大でグルっと見渡せるのですね。
ガスって幻想的は景色とお花の歓迎うけられて、皆さんお喜びですね。
ショウキランは観たことがありませんが、葉っぱが見えないですね。

いろんなコースがあるのでしょうが、兵庫県側からだと氷ノ山鉢伏口からの周回がありますね、
私の鈍足では日帰りは無理かもしれません。

夢のようなレポートをありがとうございます。

こんにちは

こんにちは
沢山の花に出会えて良かったですね
特にショウキランは値打ちものですね
タニギキョウが未だ咲いているとは、さすが氷ノ山ですね
今度はイチヨウランの花の写真をお願いしますね
殿下コースを下りて逆水の滝を見るコースもいいですよ
雪山との比較面白いですね
懐かしいコースを楽しく拝見致しました

氷ノ山三ノ丸

権兵衛さん 今晩は
三ノ丸レポ拝見させて頂きました。
この時期のすっきりとした展望はなかなか難しいですよね!
たくさんの花と巨大な生け花に出会われていい山歩きになりましたね。

三ノ丸は山休もチャンスがあれば一度チャレンジしたいと思っております。

銀杏峰の名松新道は思っていたよりも急坂で少々バテましたが
無事オオヤマレンゲをゲットでき最高でした。

山頂は360度の展望が広がっているのですが、氷ノ山同様に
遠望はダメでしたよ。
山頂付近に広がる極楽平らではハクサンフウロやイブキトラノオも咲いており
得した気分になった次第です。



  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索