行者還トンネル西口~行者還岳を経て七曜岳に

行者還トンネル西口~行者還岳を経て七曜岳に

ヤマシャクヤク、シロヤシオを求めて行者還トンネル西口~行者還岳を経て七曜岳に-仲間と四人で-



往路:姫路~高速道路葛城IC~R30、R309より行者還トンネル西口 4時間
復路:往路と同じ 3時間30分

行程:駐車場(9:33)行者還トンネル西口登山道(9:35)奥駆道出会い(10:25)行者還小屋(11:35)行者還岳(12:00-12:20)無双洞分岐(13:10)七曜岳(13:12-13:20)行者還小屋(14:15)奥駆   道出会い(15:15)行者還トンネル西口(15:55)駐車場(16:00) 歩行時間 6時間

map.jpg
登山略図

 行者還岳は以前に和佐又から大普賢岳七曜岳を経て和佐又に周回し、行者還トンネル西口から八経ヶ岳へと登っているが、この七曜岳~行者還岳間が抜けており気になっていた山です。
今回、ヤマシャクヤク、シロヤシを求めて出掛けました。

IMG_1549.jpg
平日ですが、行者還トンネル西口駐車場はすでに車が結構停まっていました。
でも、弥山方面が多いのでしょう。
IMG_1550.jpg
ここからすぐに、急登を登っていきます。
IMG_1551.jpg IMG_1556.jpg IMG_1553.jpg
山の斜面にシャクナゲが満開です。
 IMG_1560.jpg
急登を登り切り、やっと奥駆道のでました。
IMG_1562.jpg
ブナの林を行く仲間達
IMG_1563.jpg IMG_1569.jpg IMG_1571.jpg
一輪だけシロヤシオが咲いていました。まだつぼみですね。
二本の大きな立ち枯れの間から大普賢の峰々が見えてきました。
IMG_1575.jpg IMG_1576.jpg
白い石灰岩が露出した付近で待望のヤマシャクヤクの群生です。
 IMG_1577.jpg
さすがに貴婦人の名にふさわしい清楚な花ですね。
IMG_1567.jpg
シロヤシオは、これからが楽しみです。
6月上旬が見ごろかな。
IMG_1578.jpg
少しいくと、今度はバイケソウの大群落です。
IMG_1580.jpg
天川辻を過ぎるとすぐに行者還小屋に到着。
中に入って見ると、きれいに掃除され、毛布が部屋の隅にたたまれていました。
洗い場も設置されており、無人小屋としては素晴らしいですね。
IMG_1582.jpg
IMG_1583.jpg
IMG_1584.jpg
小屋の横手から行者還岳への急峻な登りをゆく仲間達
ハシゴの連続です。
IMG_1586.jpg
行者還岳(1546m)の三等三角点と錫杖
頂上のシャクナゲはまだつぼみで咲いているのは少なかった。
IMG_1589.jpg
頂上より七曜岳に向かう途中、大普賢岳が見えてきました。
IMG_1592.jpg
西側には、峻険なバリゴヤの頭が
<a href="http://blog-imgs-54.fc2.com/g/o/n/gonbee165/IMG_1595.jpg" target="_blank">IMG_1595.jpg
和佐又への分岐、七曜岳はすぐそこです。
IMG_1598.jpg
七曜岳より西側には、バリゴヤの頭、稲村ヶ岳が
IMG_1600.jpg
東側には、大普賢岳、小普賢岳、日本岳の峰々
IMG_1603.jpg
南の方には、雄大な弥山とハ経ヶ岳
IMG_1604.jpg
七曜岳頂上(1584m)での仲間達
IMG_1607.jpg
七曜岳からトンボ帰りで行者還小屋まで戻ってきました。
IMG_1612.jpg
行者還トンネル西口下山路に帰ってきました。
下山時間が16時と遅くなったので今回は風呂なしで帰ることに。
黒滝の道の駅で顔と体を拭いてシャツを着替えて帰路についた。
今回の山行きでバリゴヤの頭がとても気なりました。機会があればぜひ行きたい。


                  
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

権兵衛さん、こんにちは。

>大普賢岳七曜岳を経て和佐又に、行者還トンネル西口から八経ヶ岳へと
大峰山系を次々と登られてすばらしいですね。

お天気良くてヤマシャクヤクやバイケイソウが咲いてよかったですね。
梯子の連続なんですね。
次はバリゴヤの頭へ挑戦されるのでしょうか・・

  しーちゃん見ていただき有難うございます。バリゴヤの頭の登山道が不明瞭な難コースと聞いています。機会があれば行きたいと思うのですが。

権兵衛さん、横山岳を見ていただきありがとうございます
寝屋川から3時間かかっていますが、一般道路だけで行きましたので、有料道路を利用すれば1時間ほど短縮できると思いますので、姫路からだと3時間程度で到着できますよ
ちくさ高原の天児屋たたら公園に自生するクリンソウの群落、k2さんが行かれましたが権兵衛さんも見に出かけられたのですね
大峰のバリゴヤの頭ですが、私も出かけてみたくなってきました
そして今日、山仲間に言うと今仲間も行きたそうにしていましたよ
でも相当な時間がかかりますね
補助ロープなどが居るのかはっきりしませんが、山仲間は山岳会に入っているクライマーなので好きなコースかも
参考までに、高槻市にお住まいの天神さんという77歳の方が、先日の5月24日に母公堂から単独で10時間で歩かれてました
とても健脚な方なので、私ならあと1時間程度の余裕が必要かも・・・

http://amgm.web2.jp/


権兵衛さん、天神啓三さんのレポを見られビックリされたでしょう
77歳という高齢なのに、関西の山はもちろん全国の山や四国88カ所、東海自然歩道、京都1周トレイル、ダイトレなども歩かれてびっくりしています
山歩きを始められたのが60なかばを過ぎてからのに、いつも一人で一般登山道だけでなく、バリルートなども歩かれているのには感心してしまいます
昨日も星田クライミングウォールでクライミング練習中の山仲間と出会い、稲村ヶ岳とバリゴヤの頭の話をしていると、彼女もとても行きたそうにしていましたが、時間もかかりとてもハードなルートのようですね

権兵衛さん、稲村ヶ岳ですが当初は、私の同僚のつーさんから大又から池木屋山のピストンのお誘いがあり、既に3名が参加表明、私もとりあえずエントリーしたうえで、バリゴヤの頭を提案すると、こちらへも意欲十分なので、現時点ではどちらになるのか未確定です
池木屋山は難路ではないがロングランコースで時間もかかるし、バリゴヤの頭は心配なルートだし、取りあえずつーさんには補助ロープをお願いしました
一昨日にクライミングウォールで練習を終えた山仲間に偶然会い、話をすると行きたそうにしていましたが、予定の日は駄目なようで残念がっていました
我々は前夜泊では無く、早朝出発になりそうです
その前に、山上ヶ岳から稲村ヶ岳のレポを完成させなくては・・・

権兵衛さん、今日は檀特会月例行事で大岩ヶ岳でしたか
写真を拝見すると千刈水源池が巣少し霞んでいるようですね
私は金剛山でしたが、こちらも霞んでいてうっすらと景色が見えていました
水道局から歩かれたのでしょうね
大岩ヶ岳は分岐の道が多く、標識も余りはっきりとしていないので、間違いやすいでしょう
私は6月には丸山湿原へは行ったことがありませんが、今ならどのような花が咲いているのでしょうか
権兵衛さんもバリゴヤを考えられているのですね
私は中旬ごろに予定しているのですが、天候と時間との関係もありまだ決定ではありません
今日は金剛山に行きましたが、山頂は14度と涼しかったですよ
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索