雨の白馬・大雪渓に②=アップです=

雨の白馬・大雪渓に②=アップです=

8/22 第2日目 白馬尻小屋~村営小屋~白馬山荘 所要時間 5時間30分 標高差 1272m 
 4:00起床、すぐに外にう~ん小雨が降り、ガスに覆われています!
朝食後、取敢えず出発準備をして山荘前に集合。全員雨具を着て、軽くストレッチをして待機。
6:00小雨になって来たので大雪渓を目指してgo!
IMG_9919_20150828134800ca3.jpg IMG_9920.jpg IMG_9925.jpg
20分程で、雪渓の取り付き点に到着。ここでアイゼンを装着です。1名がうまく装着できない! 
予備のアイゼンを借りてなんとか出発です。
IMG_9926.jpg IMG_9928.jpg IMG_9929.jpg
先行の若者のグループと追いついたり離れたり、彼らは天狗山荘に向かうとのこと。
ガスは相変わらず雪渓を閉じ込め雨も降ったり止んだり、時折冷たい涼風が吹くかと思えばムッとした生暖かい風ありで
雨具も蒸れて・・・。やっと雪渓終端に、ここまで2時間30分!
アイゼンを外して休む場所もない狭いザレた登山道をとにかく広いところまでと行列状態で葱平までと足を延ばす。
ミヤマキンバイ、ハクサンイチゲ、ハクサンフウロが雨にうたれてもキッとして咲いていますが、写真を撮る間もないほど
でしたが、やっと落ち着いてカメラタイムだが、カメラが雨に濡れ、レンズに水が・・・。まともに撮れないのが残念。
IMG_9932.jpg IMG_9933_20150831113749a5c.jpg IMG_9934.jpg
小雪渓はすでになく、避難小屋手前で、大休止して後続を待つが・・トランシーバーの感度も良くない。
なんとか連絡がつき村営の頂上小屋で待つことにして、お花畑をゆっくりと登って行きます。
IMG_9938.jpg IMG_9939.jpg IMG_9937.jpg
中部森林管理局の大きな表示板(標高2553m)で一息入れます。
この辺りは晴れていれば、素晴らしいお花畑を観賞できるのだが・・・気を取り直して急な樹の階段を登りきると
ガスの中に村営小屋(赤○)が見えだしたのでホッとする。カメラはレンズが濡れて撮影不能に。仕方がないので
小屋の休憩所で、雨具の上着を脱ぎ、ストーブにあたりながら弁当を食べることに。
IMG_9947.jpg IMG_9945.jpg IMG_9950_20150831155604246.jpg
休憩所で、後続の仲間達と合流後、稜線に出て、白馬山荘に向かいます。
濃い霧の中最後の登り、11:35ようやく本日の宿白馬山荘に到着、受け付け後、着換えをしてやっと落ち着きました。
スカイプラザで乾杯し山談義で時間を潰し、夕飯後、部屋でくつろいでいると、外に出ていた仲間が雨がやんで霧も晴れ
月が出ていると。みんなカメラを持って山荘の前で夕闇せまる展望を満喫しました。
杓子岳、鑓ヶ岳と旭岳が・・・雨の中を登ってきた甲斐が立った大喜びです!
IMG_9955_20150831163421993.jpg IMG_9957.jpg IMG_9963.jpg
午後7時、夕闇に浮かぶ月と杓子・鑓ヶ岳
IMG_9962.jpg 
左に鑓ヶ岳、中央に頭が見える剱岳、雄山。手前に村営小屋の明かりが見えます。
IMG_9967.jpg
動画:2015-8/22  白馬山荘より夕暮れの杓子岳・鑓ヶ岳 ☜クリックして下さい

登山道で出会った花達ーキヌガサソウ、ヤマブキショウマ、?ミヤマキンポウゲ、ハクサンフウロウ、ハクサンイチゲ
ミヤマトリカブト、オタカラコウ、トウヤクリンドウ、タカネナデシコ、ウサギグサ、チシマギキョウ、?
IMG_9921_20150831171835a09.jpg IMG_9922_201508311718343dc.jpg IMG_9923.jpg IMG_9935.jpg IMG_9937_201508311718320b7.jpg IMG_9934.jpg IMG_9938.jpg IMG_9943.jpg IMG_9939.jpg IMG_9954.jpg IMG_9944_2015083117345438c.jpg IMG_9951.jpg IMG_9952_20150831173555eea.jpg IMG_9946.jpg



















スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

白馬大雪渓から白馬岳

こんばんは、権兵衛さん。

摩耶山さん歩、てるみさんの掲示板と併せて拝見しました。
稜線に出てからはなかなかの好天で素晴らしい山行だったようにお見受けします。
初日は白馬尻小屋で一泊されたのですね。理想的な行程だと思います。
こちらは7月に同じく大雪渓を登りましたが、普通の週末だったので2日間で栂池まで
駆け抜けるように山行を完結させました。もっとゆったりと白馬を満喫したかったです。

2日目の大雪渓ではあいにくの天候ですが、まだ視界があって心強かったのではないでしょうか。
3日目以降も楽しみにしております。

こちらは今夏は休みと天候が運良くぴったりと合い、白馬、笠、裏銀座と順調にアルプス登山を重ねています。
消化不良だった昨夏、一昨年の分はだいぶ取り返しました。
次は9月のSW予定ですが、天候によって1泊~4泊までいろんな行程を考え中です。

霧のち夕空晴れて

霧の中で雪渓歩きは大変だったでしょうが、いい経験されましたね。
人数が多いと足並みが揃わないこともありますね。
夕暮れには月と杓子、鑓ヶ岳が何と美しい!空の深い青がきれいですね。
しんどさも吹っ飛びますね。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索