白馬岳から蓮華温泉に③=アップです=

白馬岳から蓮華温泉に③=アップです=

8/24 第3日目 白馬山荘~白馬岳~小蓮華山~白馬大池~蓮華温泉 所要時間 6時間40分
後立山連峰概略=パンフより=
IMG_20150902_0001.jpg
4時起床 外は星が見え快晴です!
身支度を整え、ヘッデンを付け山頂に向かう登山道ははや長蛇の列、振り返ると村営小屋とテントサイトの明かりが見えます。
山頂には大勢の登山者が御来光を待っています。徐々に東の空がオレンジ色の燃え、あたりが白んできました。
IMG_9968.jpg IMG_9970.jpg IMG_9976.jpg
5時17分、太陽が登り始め、周りで歓声が上がる。南には、剱岳、雄山のモルゲンロート!
IMG_9978_20150901141036ae6.jpg IMG_9979_20150901141034bbf.jpg
雲の湧きたつ杓子岳の雪渓、癪岳・鑓ヶ岳も輝いています
IMG_9972.jpg IMG_9980.jpg 
白馬館のカタログより山岳同座
IMG_20150831_0001.jpg

動画:白馬岳山頂御来光360度展望 ☜クリックして下さい。
さァ、もう少し眺めていたいが山荘に戻って朝食を摂りましょう!5時半から朝食、出発準備をして山荘前に集合です。
山荘前から槍ヶ岳、穂高連峰の姿が薄っすらと見えます。山荘の東のお花畑にトウヤクリンドウ、タカネシオガマ発見。
IMG_9982_20150901142728abf.jpg IMG_9986.jpg IMG_9987.jpg
山荘前で、Mちゃんの指導で体をほぐし、6時半山頂に向けて登山山開始です。
何と山頂に到着し集合写真を撮ろうと準備始めたら、ガスが掛かり始め、せっかくの展望が・・・。
IMG_9992.jpg IMG_9995.jpg IMG_0118.jpg
ドンドン後から登山者が載って来るので、山頂を後に三国境に向かう。
山頂方面を振り返ると矢張りガスが立ち込めている。ザレた登山道を下って行くとコマクサ発見。
IMG_9997.jpg IMG_9998.jpg IMG_0001_201509011503594db.jpg
30分ほどで三国境に到着。雪倉岳方面は綺麗に晴れあがっている。
IMG_0002.jpg IMG_0003_20150901150851ef6.jpg
これから登って行く小蓮華山の山並み(二重になっている)を眺めながら進みピーク越えると小蓮華山の姿が現われた。
白馬山頂方面は相変わらず雲が掛かっています。
IMG_0006.jpg IMG_0007.jpg
8:30分小蓮華山山頂に到着。小休止の後、展望の良い雷鳥坂へ下りますが、雷鳥坂から振り返った雄大な小蓮華山への尾根が
NHKのドラマ「坂の上の雲」のタイトルバックとなった素晴らしいビュポイントですが、あいにくガスって見えません!(残念)
IMG_0008.jpg IMG_0009.jpg IMG_0011.jpg
船越ノ頭を過ぎたザレた場所に雷鳥親子を発見!動かれて残念ながら撮影できなかった。 
なだらかな登山道にケルンが散在するなだらかな登山道を下っていくとやがて白馬大池に。
IMG_0014.jpg IMG_0015.jpg IMG_0017.jpg
このあたり一面チングルマが群生しているが、すでに花後です。タテヤマリンドウ、ミヤマタンポポが咲いています。
ようやく、ガスの中に赤い屋根の白馬大池山荘が見えだした。周囲には未だ雪渓が残っています。
IMG_0019_20150901154530ce7.jpg IMG_0022.jpg IMG_0023.jpg
山荘前には、テントも張られ、大勢の登山者が、コーヒーを飲んだり、お花畑を眺めたりして休まれています。
しかし、すでに10時を過ぎており、遅れ気味なのでトイレ休憩の後、山荘をバックに集合写真を撮り、即蓮華温泉に向かって
出発です。
IMG_0020.jpg IMG_0030.jpg IMG_0031.jpg
蓮華温泉の指導標を右の取り、両脇がお花畑の広い登山道を進むととすぐにゴロ石の狭く歩き難い登山道に。
雪倉岳を左に見ながらドンドン下って行くが、次第にガスに覆われ、ゴロ石も濡れて滑りやすくなっている。
展望もなくカラマツ林の中を慎重に下るが同じ風景に段々気が滅入って来る。40年ほど前に一度下っているが記憶が全然なく、
思い出せない。時間だけが過ぎていく。やっと天狗の庭到着。
IMG_0032.jpg IMG_0034.jpg IMG_0036.jpg
ここは、ロープが張ってあり多くの花が咲く庭園となっており入れないようになっている。(この時期はなは見かけないが?)
白馬大池から約1時間、先はまだまだ長いようだ。更に進むと、新しい標示板が設置されているが、これにはあと1時間と
表示されている。気を取り直して下って行きましょう!
こんなはずではないとあまりにも長い下りに少々あせりが出始めたところ開けた場所に建物が見え始めた。
長かったです! 登山口標示板を確認、13時10分 蓮華温泉に到着です。白馬大池から実に3時間弱<ガイドマップでは2時間>
IMG_0039.jpg IMG_0040.jpg IMG_0041.jpg
蓮華温泉前では、バスの運転手とオーナーが待っていてくれた。
時間がかかり過ぎたことを詫び、早速風呂で汗を流す。生き還った心境、仲間たちの笑顔がみえる。
遅い昼食、カレーライスを食べ元気回復です!
IMG_0042.jpg IMG_0043.jpg
今回、蓮華温泉に下山中、3名が膝や足に異常を訴え、ザックを持ったり、中身を軽減したりしてサポート、
なんとか全員無事に下山した。蓮華温泉への非常に長い濡れたゴロ石の歩き難い登山道が堪えたのでしょう。
蓮華温泉で休息を取り、バスで糸魚川から北に向い、北陸道~名神~山陽・BPで網干着は23時過ぎだった。
二泊三日の長旅、お疲れ様でした!

白馬岳~小蓮華山~白馬大池~蓮華温泉で出会った花達
ミヤマアケボノソウ、トウヤクリンドウ、タカネシオガマ、ミヤマアズマギク、イワツメウサ?、コマクサ
IMG_9985.jpg IMG_9986_2015090211182684c.jpg IMG_9987_201509021118261a2.jpg IMG_9989.jpg IMG_9993.jpg IMG_9998_20150902112447035.jpg
ウメバチソウ、タカネナデシコ、、カラマツソウ、チングルマ花後、ウサギグサ、タテヤマリンドウ
IMG_0012.jpg IMG_0013.jpg IMG_0018.jpg IMG_0019_201509021133040c7.jpg IMG_0021.jpg IMG_0022_20150902113303c56.jpg
ミヤマタンポポ、カキツバタ、アキノキリンソウ、ミヤマダイモンジソウ、ハクサンフロウ、ウメバチソウ
IMG_0023_20150902113302ec4.jpg IMG_0024_20150902113301151.jpg IMG_0027.jpg IMG_0033.jpg IMG_0035.jpg IMG_0037.jpg















スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

こんばんは、権兵衛さん。

こちらの裏銀座2日目までご覧いただきまして、ありがとうございます。
3日目レポですが、今週はちょっと忙しくて遅れています。
日曜くらいにはUPしたいと思っています。

裏銀座は一応行程どおりに歩けたとはいえ、本当にヘトヘトでしたよ。
もう少し余裕を持って歩けるように体を鍛えたいなと感じています。

白馬岳3日目レポ拝見いたしました。
朝は絶好の登山日和で白馬岳山頂は最高でしたね!
でもガスが上がってくるのが早かったんですね・・。
小蓮華山辺りからは視界が遮られるようになったのは残念です。
自分も初めて白馬へ登った時は同じ感じでした。

白馬大池は通過するのが勿体ないと思うほど良いところですよね。
あそこではぜひいずれテントを張りたいと思っています。

蓮華温泉へ向かうルートは自分は未踏です。
展望が無くなるのと、濡れれば歩きにくい登山道で下山まで大変だったのですね。
おそらく栂池へ下りるよりもタフなコースのようにお見受けします。
でも降りたところに温泉があるのは有難いですね!

自分が大雪渓を登ったのは梅雨明け前でした。
1ヶ月半で雪渓の雪がここまで消えるんですね。
夏が過ぎるのが本当に早いと感じます。

長い下山も皆さんご無事で

3日目は疲れが出てきますね、よく頑張られてリーダーさんも一安心でしたね。
ご来光や高山植物をご覧になって素晴らしい夏の想い出が出来ましたね。

さらに連休にも計画がおありだとか、次々と湧く登山意欲が羨ましいです。

レポ拝見

権兵衛さん こんばんは
三国境から雪倉岳方面、雲湧く白馬岳と白馬大池山荘を貼って
頂きありがとうございます。
レポ拝見しました。
見事にご来光をゲットされ、下山時にもコマクサをはじめもたくさんの
花に出逢れましたね。
小蓮華山の山頂は崩壊がげしく以前は侵入禁止だったのですが
落ち着いたのでしょうか?

山休の方はこの週明より連休になるのですが
天候が悪く計画していた劔山行はあえなく中止です。
シルバーウィークは仕事で動けず残念です。
一日くらい晴れてくれないかなあ!
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索