後立山縦走-①=アップです。=

後立山縦走-①=アップです。=

9/19 7年前に中止になった鹿島槍ヶ岳に登りたくて、仲間7人で出掛けました。
 (3泊4日で、後立山の爺ヶ岳~鹿島槍ヶ岳~五竜岳~唐松岳~八方縦走)
鹿島槍ヶ岳で雨が降らず、体調が良ければ唐松まで行こうと計画、 心配していた天気も晴天続きで、
ならば、唐松岳までと素晴らしい展望と岩稜歩きに緊張と4日間酔いしれました。
しかし、昨日の帰りは中央道~名神道の大渋滞に巻き込まれ、なんと10時間!(予想はしていましたが・・・)
各山小屋は超満員で廊下、休憩室にごろ寝状態で四畳半になんと10人のところも。
(幸い予約していたので1枚1人とゆっくり出来ました。)
種池山荘では、体調不良の男性が早朝、山岳救助隊のヘリで運ばれるシーンに遭遇、
山荘周辺は外出禁止で緊張感が漂っていた。
工程 :9/19 柏原新道爺ヶ岳登山道~種池山荘(泊)
     9/20 種池山荘~爺ヶ岳中峰~鹿島槍ヶ岳~キレット小屋(泊)
     9/21 キレット小屋~五竜岳~唐松頂上山荘(泊)
     9/22 唐松頂上山荘~八歩池山荘=リフト&ゴンドラ=八方駅
      八方尾根より白馬三山
IMG_0315.jpg
IMG_20151002_0001.jpg

9/19 1日目 爺ヶ岳登山口~種池山荘 5.8k 所要時間 3時間45分(休憩含む)
早朝、4時にHさんの運転で姫路を出発。
高速道の名塩SAで軽く朝食を食べ空腹を満たす。トイレ休憩に立ち寄った各SAの駐車場はSWのせいで満車状態。
 一宮~小牧でノロノロ運転、恵那峡SAでモーニングサービスでコーヒータイム、オニギリを購入し、車内で食しながら
JR信濃大町へ11時半頃到着。
扇沢の駐車場は、満員で止める所がないと言う情報で、事前にアルプス第一交通の大町営業所にタクシーの予約を
していたので、営業所で車を預かってもらい柏原新道へタクシーで移動(@6000/1台)
登山届を出し、ストレッチで体をほぐして12:40分スタート。
IMG_0083.jpg IMG_0084_201509260930548c9.jpgIMG_0086.jpg
のっけから九十九折りの急坂登をゆっくりとモミジの大木の間を登って45分程で八ツ見ベンチに到着。天気が良ければ
八ヶ岳が見えるらしが、残念ながら分かりません。
IMG_0088.jpg IMG_0089.jpg IMG_0090.jpg
八ツ見ベンチで休憩後、針葉樹の展望の利かない登山道が続くが、針葉樹を抜けると眼下に扇沢のターミナルと
駐車場が見えてきます。やはり予想どおり駐車場は満車状帯です!
IMG_0099.jpg IMG_0103.jpg IMG_0107.jpg
ケルンを過ぎると岩小屋沢岳が正面に、その左奥に赤沢岳、鳴沢岳が見えてきます。
上部に種池山荘が見えてくるがまだまだ先遠いです。
IMG_0109.jpg IMG_0106.jpg IMG_0119.jpg
さらにブナ林を進み、歩きやすい石畳の道、水平道を抜けると ダケカンバ、ナナカマドの紅葉がすばらしい。
水平道、包優岬の標識を過ぎると、アザミ沢に。付近はその名のとおりアザミの群落が。
IMG_0122.jpg IMG_0123.jpg IMG_0124.jpg
IMG_0127.jpg IMG_0130.jpg IMG_0134.jpg
危険個所の”ガラバ”ガレた急斜面を横切り、ダケカンバの富士見坂に。斜上にドンドン登っていくと素晴らしい黄葉が登山道
を彩ります。
IMG_0135.jpg IMG_0136.jpg IMG_0138.jpg
素晴らしい黄葉を楽しみながら”鉄砲坂”を登って行くとやがて枕木の階段が現われると種池山荘はすぐそこです。
IMG_0139.jpg IMG_0140.jpg IMG_0141.jpg 
少しガスが上って、周囲が閉ざされてきたが、16:25種池山荘に到着です!
まずは、受付で宿泊手続きを済ませ、着替えを済ませ荷物を整理して山荘周りを散歩するが、残念ながら展望無し。
寒くなってきたので、談話部室でビールで乾杯!TVで相撲を観戦しながら山談義、となりにおられた白馬のガイドさんと
お話をしていると、キレット小屋が大変なことになっていますよと。聞けば登山客が殺到して小屋にあふれ、宿泊を
断っているとのこと。冷池山荘、五竜山荘も同じように超満員で。やはりSW中天気が良いからでしょう。
IMG_0144.jpg IMG_0146.jpg IMG_0151.jpg 
夕食後、天候が回復したので、山荘前から夕闇せまる針の木岳、蓮華岳、の展望を眺め、更に小屋の裏手で明日登る
鹿島槍ヶ岳の姿を楽しむ。
IMG_0158.jpg IMG_0159.jpg
登山道で出会った花達=アキノキリンソウ、オヤマリンドウ、ゴゼンタチバナの赤い実、カライトソウ、タテヤマアザミ
IMG_0097.jpg IMG_0108.jpg IMG_0114.jpg IMG_0118_20150929105529a88.jpg IMG_0131.jpg
2日目に続く
















スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

権兵衛さん、一日目のレポート拝見しました。
お天気良くて、黄葉が映えて素晴らしいスタートですね。
夕闇迫る景色も最高ですね。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索