後立山②爺ヶ岳~キレット小屋ーアップです=

後立山②爺ヶ岳~キレット小屋ーアップです=

9/20 2日目 工程 8.4K 所要時間:6時間30分(休憩含む)
種池山荘(5:55)爺ヶ岳中峰(6:58)冷池山荘(8:06~835)鹿島槍ヶ岳南峰(10:42~50)キレット小屋(13:25)
IMG_0212_201510021702156d1.jpg IMG_0185_20151002165832863.jpg
地図
IMG_20151002_0002.jpg

4時過ぎに起床、朝食後荷物を整理して出発準備するが、館内放送で、体調不良の男性があり、山岳救助隊のヘリ
が山荘前に到着するので救助活動が終わるまで危険なので登山道及び山荘前に出ないようにと指示があった。
ヘリの到着に時間があったので朝焼けの爺ヶ岳、針ノ木岳、蓮華岳方面を眺め、山荘内で待機することに。
小屋の人と家族で毛布等で包み運ばれるシーンに遭遇、 山荘周辺は外出禁止で緊張感が漂っていた。
IMG_0160.jpg IMG_0161.jpg IMG_0165.jpg
山荘前で集合写真を取った後、爺ヶ岳に向かう。
山荘から一直線に爺ヶ岳まで稜線が黄色や赤くの黄葉が始まって素晴らしい眺めだ。
登山道脇で三脚にカメラをセットして剱岳を撮られている傍には、朝陽を浴びたチングルマと色付き始めたナナカマドの赤い実
が印象的で、思わずパチリ!
IMG_0170.jpg IMG_0169_201509291228257ae.jpg IMG_0171.jpg
緩やかな稜線は気持ちがいいです!振り向けば剱岳が種池山荘の後に、更に槍ヶ岳と穂高連峰が目に飛び込んでくる。
しばらく展望を楽しみながらゆっくりと爺ヶ岳にむかう。
IMG_0180.jpg
IMG_0177.jpg IMG_0178.jpg 
爺ヶ岳南峰は今回スルーして中峰に。爺ヶ岳(2,670m)の最高峰の中央峰ですが、三角点と山頂標識だけの狭いピークに
感じました。しかしながら眺望は素晴らしく、雲の切れ間から槍穂等が見え隠れしています。
振り返ると、針ノ木岳~スバリ岳~赤沢岳~鳴沢岳~岩小屋沢岳と種池山荘。後方には薬師岳、立山三山-剱岳の山並みで、
素晴らしい眺めです!
動画:☞クリックして下さい。2015-9/20 爺ヶ岳中峰より槍ヶ岳・穂高連峰・ノ木岳、立山連峰~剱岳
北峰から下がったコルの上に冷池山荘が見えて来ました。後方には後立山連峰の盟主とされる、双耳峰の鹿島槍ヶ岳が
姿を現します。
IMG_0182.jpg
IMG_0188.jpg IMG_0185.jpg
7:55 大谷原からの赤岩尾根分岐点の冷乗越に到着です。綺麗でカラフルな加工石が置いてあります。
ここから一旦下り、登り返すと冷池山荘へ到着。ここでトイレとコーヒータイム。
IMG_0190.jpg IMG_0191.jpg IMG_0192.jpg
30分程休憩し登山道に戻る。テント場を通りしばらく進むと遭難碑があり、まだ新しい花が手向けてありました。
布引岳をジグザグにのぼって行くと双耳峰の鹿島槍ヶ岳が見えてくる
IMG_0195.jpg IMG_0197.jpg IMG_0199.jpg
鹿島槍への登りは歩きやすく、白や緑や黄色や茶色に染まった稜線が、西側に剱岳、東側には浅間山の白い煙が。
IMG_0200_20150929151116b3a.jpg IMG_0201.jpg IMG_0202.jpg
岩場をチョコチョコ動く鳥イワヒバリかな?
高度を上げて、登りきると三角点のある鹿島槍ヶ南峰(2889m)へ到着。山頂には多くの登山客で賑わっていました。
ここからの360度の展望も素晴らしい。前方には五竜岳へと続く荒ららしい尾根が待ち受けています。
動画:☞クリックして下さい  2015-9/21 鹿島槍ヶ岳南峰より360度展望
集合写真を撮ってすぐに八峰キレットに向かうことに。念のためヘルメットを装着(3名だけ)
これからの岩場の下りはスレ違いに気を使います。
IMG_0203.jpg IMG_0204.jpg IMG_0205.jpg
北方への途中眼下にキレット小屋が見えます。ここから北峰をスルーしてキレト小屋まで標高差400m以上の激下りが
待ちうけます。吊り尾根で小休止、鎖や梯子のあるキレットの核心部へ。
IMG_0206.jpg IMG_0212.jpg IMG_0214.jpg 
2015-9/20 爺ヶ岳中峰より槍ヶ岳・穂高連峰・ノ木岳、立山連峰~剱岳g/IMG_0216.jpg/" target="_blank">IMG_0216.jpg IMG_0217.jpg IMG_0218.jpg
最後の梯子を登りきると眼下にキレット小屋が見えた。慎重に下って、13:25キレット小屋に到着です。
小屋の前には大勢の登山者が休憩されています。すぐに受付でチェックイン。(予約していたのでスムーズに)
しかし、時間がたつにつれ、ドンドン登山者が・・。超満員で廊下はザックに占拠され、小屋のスタッフは大忙しです。
溢れた登山客は、談話室などにブルーシートをひいてごろ寝状態です。
IMG_0219.jpg IMG_0220.jpg IMG_0221.jpg
キレット小屋からの剱岳へ沈む夕日は感動的です!
IMG_0224.jpg IMG_0225.jpg
3日目に続く
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

真っ青!

キレットの核心部が最大の難所ですね、
皆さん超健脚さんですね。

雲海が素晴らしいです。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索