黄葉の始まった氷ノ山に=アップです=

黄葉の始まった氷ノ山に=アップです=

10/6 会の山行き(」10/24)の黄葉の具合と下見を兼ねて氷ノ山に。(同行者3名)
わかさ氷ノ山キャンプ場から氷ノ越え~山頂~三の丸~樹氷スノーピアスキー場リフト中間駅~自然探勝路の
周回コースを歩いて来ました。まだ黄葉は始まったばかりで少し色づいたかな。
これからが楽しみです!
IMG_0465.jpg IMG_0477.jpg
          色付くコシキ岩と氷ノ山
往路:自宅~R29~R482~わかさ氷ノ山キャンプ場 2時間
復路:往路を帰る


工程:症時間 5時間55分
わかさ氷ノ山キャンプ場(7:45)氷ノ越(8:33)仙谷出会(9:18)山頂(9:40~10:00)三の丸(10:46)
リフト最上部(11:30~11:56)自然探勝路入口(12:09)仙谷登山道(13:00)わかさ氷ノ山キャンプ場(13:40)
IMG_20151016_0001.jpg

自宅から集合場所である檀特山矢田部口のパチンコ”ターザン”で仲間と合流し、国道29号線を北上、戸倉峠を越え、
国道482号線からわかさ氷ノ山キャンプ場に。駐車場には4台止まっていた。キャンプの人かな?
トイレを済まし、キャンプ場脇にある登山道から氷ノ越(旧伊勢道)に向かう。
IMG_0428.jpg IMG_0432.jpg IMG_0433.jpg
杉林の整備された登山道を進んで行くと、氷ノ山登山道と明記された立派な看板が要所要所に設置されている。
標柱にも1/10と山頂までの位置がわかるように設置されている。
IMG_0439.jpg IMG_0436.jpg IMG_0435.jpg
ドンドン高度を上げて行き、ジグザグの急な丸太の階段を登りると氷ノ越えの避難小屋が見えてくる。
氷ノ越えの十字路にはかってお伊勢参りの峠道として通行していた名残の地蔵尊が道端にある。
IMG_0443.jpg IMG_0444.jpg IMG_0446.jpg
小休止したら、ここから広いブナ林の登山道に。色ずき始めた黄葉のブナが美しい。ナナカマドが真っ赤な実を付けています。
思わず撮影タイムです!
IMG_0448.jpg IMG_0449.jpg 
IMG_0450.jpg IMG_0452.jpg
木道を通り、木の根がはびこる歩き難い登山道をすぎると今度はゴロ石の急登だ。滑りやすいので注意が必要。
コシキ岩が見えてきたが山頂はガスの中で姿を見ることが出来ない。周囲は大分色付いて美しい!
展望が開けると東に鉢伏のスキー場の草原が眺望できる。やがて、仙谷出会いに到着。
IMG_0456.jpg IMG_0457.jpg IMG_0459.jpg
コシキ岩を左に巻いていくと広い丸太の階段に出る。
階段を右に回り込んで高度を上げて行くと山頂避難小屋の三角屋根が見えてきた。少し青空が見えてきて視界が広がって
展望が広がる。
動画:クリックして下さい☞ 2015-10/6  氷ノ山山頂から扇ノ山~鉢伏スキー場
IMG_0458.jpg IMG_0462.jpgIMG_0463_201510151000244d5.jpg
9:40山頂の避難小屋に到着です。(ここまで2時間弱)少し風があるので小屋の中で、おにぎりを食べ
しばし休憩です。小屋を出ると単独の登山者がおられたので写真を撮って頂く。話をすると越rから仙谷へ下るとのこと
でお先にと三の丸へと。
IMG_0465_201510151000234f7.jpg IMG_0466.jpg IMG_0468.jpg
山頂から、展望台を兼ねたトイレの脇を通り、チシマザサに覆われた広い登山道を三の丸に向かいます。
鞍部から右に大きく曲がると少し登り返して木道を抜けると芦生スギの湿地帯。
IMG_0470.jpg IMG_0471.jpg IMG_0473.jpg
少しぬかるんだ湿地帯を抜けると視界が広がり三の丸が見えてくる。振り返れば氷ノ山の山頂がくっきりと見えます。
展望台のある三の丸で小休止。氷ノ山山頂への登山道がよくわかります。
三ノ丸からは氷ノ山を一望でき、また扇ノ山等中国山地の山々を望むことができます。
IMG_0475.jpg IMG_0482.jpg IMG_0483.jpg
少し下ると赤い三角屋根の避難小屋。殿下コース・坂の谷コース(兵庫県宍粟市)と三の丸コース(鳥取県若桜町)の分岐
を右に曲がり三の丸コースに。途中に東屋があるが、何と修理中で大工さんがおられた。(老朽化しているのかな?)
IMG_0485.jpg IMG_0486.jpg IMG_0488.jpg
三ノ丸から暫くチシマザサの中を進むとブナ等の樹林帯に入っていく。色づいた雑木林を進み急な丸太の階段を下って行くと、
リフトの最上部にでる。時間も11:30なので昼食を摂る。ここは積雪時にしか見たことはないので無雪期のスキー場は凄い急斜面であることが確認できる。
自然探勝路はこのリフト沿いの丸太階段を中間駅まで下り、山側に入って行きます。
IMG_0491.jpg IMG_0494.jpg IMG_0498.jpg
自然探勝路はリフト沿いの急な曲がりくねった丸太階段を中間駅まで下り、山側に入って行きますが、この丸太階段は
かなり荒れて傷んでいるので注意が必要です。探勝路入口には、りっぱな看板が設置されているので分かりやすい。
IMG_0499.jpg IMG_0502.jpg IMG_0505.jpg
自然探勝路は杉林の植林帯を進むと巨木のトチノキやブナが生い茂り、苔むした岩場の谷にでる。
谷を渡り、小さな尾根を回り込むとワサビ田の跡が残るワサビ谷に出る。
IMG_0506.jpg IMG_0507.jpg IMG_0513.jpg
ワサビ谷からは植林帯を進むとゲレンデに出る。登山道は上に向かっているがゲレンデを横切ることにする。二つのゲレンデ
を横切ったところが仙谷コース登山道の入り口になっている。
IMG_0516.jpg IMG_0520.jpg IMG_0529.jpg
スキー場から舗装路を15分程歩くと、日本の棚田百選に選ばれた「𣇃米棚田」がありますが半分刈り入れが終わっていました。
宿泊施設氷太くんからキャンプ場にに戻ってきました。
IMG_0536.jpg IMG_0535.jpg IMG_0544.jpg
今回のコースは、周回路で距離は長いが、自然探勝路は比較的平坦で、静寂に囲まれた神秘的なところがあり、結構
楽しめるコースだ。これから黄葉が一段と深まり絶好の季節になりそうだ。
登山道で出会った花達=白い満丸はキノコ? 
IMG_0512.jpg IMG_0526.jpg IMG_0532.jpg IMG_0525.jpg IMG_0518.jpg








スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

氷ノ山のレポート拝見しました。

6時間ほどで周回できて見どころも多くて、いいコースですね。
動画で雄大な展望を拝見できました。

冬に向かって東屋を修理してくださって、有難いですね。
黄葉、赤い実も秋ですね~、ありがとうございます。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索