ロックガーデンから有馬へ=アップです=

ロックガーデンから有馬へ=アップです=

10/10 前日に山友さんから急なお誘いでックガーデンから六甲最高峰~有馬温泉へ! (4名参加)
阪急芦屋川駅に降り立つと周辺のお祭りでダンジリと出会い、居合わせたハイカーさんたちと一緒に
立ち止まってしばしの見物。数吹き岩周辺ではイノシシと遭遇しないか心配したが、何とネコが5~6匹
ハイカーたちにオネダリ?
どんよりとして蒸し暑く風吹岩まで汗びっしょりでした。有馬温泉では観光客でいっぱい!金の湯もパス
し、地ビールで乾杯し、やっと人心地でした。
IMG_0573.jpg

工程: 症時間 5時間10分(休憩含む)
阪急芦屋川駅(8:40)滝の茶屋(9:15)風吹き岩(10:00)雨ヶ峠(10:50)本庄橋跡(11:05)一軒茶屋(11:45)
六甲最高峰(11:55~12:30)有馬温泉(13:50)

久しぶりに電車で山行き。7:10網干出発、JR三ノ宮で弁当を購入「六甲縦走弁当」し阪急電車に乗り換え芦屋川駅で下車。
駅前にはすでに多くの登山者が待ち合わせ。そこに突如笛と太鼓が・・秋祭りでダンジリが登場です!
足を止めてしばし見物しカメラで撮影。なんと電池残量が少なくなっているのに気がついた!
☞電池切れが心配で写真を撮れなかった。事前に確認が必要ですね。
滝の茶屋で休憩、大勢のハイカーが休憩されているので此方も一息入れて高座の滝かロックガーデンへ。
中央稜から3つの鉄塔を過ぎると風吹岩に到着。このあたりからイノシシに出会う情報もあり周囲を見渡せば岩のそばには
ネコが5~6匹たむろしていた。餌付されているのかな?ハイカーの傍に寄って来る。
IMG_0561.jpg IMG_0563.jpg IMG_0564.jpg
「六甲最高峰」の道標に従って右に進み、横池に寄らず直進しゴルフ場のゲートを開けて登山道に。
急登の丸太階段を登りきれば雨ヶ峠に、東おたふく山に寄ろうかと迷ったが、住吉谷のに下り本庄橋跡に。
IMG_0565.jpg IMG_0568.jpg IMG_0569.jpg
堰堤を横から七曲の登り口にでて、急登で長い七曲を登りきると一軒茶屋だ。(この登りはホントに長くつらい登りだ。)
ハイカーたちが昼食を摂られているのを尻目に六甲最高峰に向かう。斜道沿いにはバイク族がたむろして休憩中だ。
11:55 最高峰に到着、すこし西にの展望の良いところでランチタイム。前に居た若いカップルはラーメンをこしらえたが、
箸を忘れた~!と、困っている様子。調度余分に2つ持っていたので提供する。私も経験があります・・・。
今日は、蒸し暑く、高曇りで展望はなく霞んでいるので、すぐに有馬に下ることにする。
IMG_0570.jpg IMG_0572.jpg IMG_0573_20151017141839b12.jpg
一軒茶屋まで下り、ここから魚屋道に。石畳の道を下って広い登山道をドンドン下って行く。
途中、台風や大雨で崩壊しているところが3カ所ほどあり、ロープが張っていあるが荒れたままで整備が進んでいません。
車道を出てすぐ左にある炭酸センベイの製造のお店でワレセンベイを購入@300也。
有馬温泉街に下って風呂をどうしょうかな?着替えを持っていない者もいたにでパスして、阪急バスの休憩所で洗面をすまし
神べ電鉄の駅に向かう。が途中で六甲地ビールの看板に引き寄せられ生ビールで乾杯!
お疲れ様でした。
IMG_0574.jpg IMG_0575.jpg IMG_0576.jpg
登山道で出会った花
IMG_0566.jpg IMG_0567.jpg IMG_0571.jpg








  
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

魚屋道は

ロープが張ってあっても通れるのですね。

権兵衛さん、6日、10日、12日と山歩きが続いてお元気ですね。
4人さんの足並みが揃って速い歩みでしたね。
最近は晴が続いて、行きたい所が多くて思案中です。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索