赤谷山周回=アップです=

赤谷山周回=アップです=

6/1 次回の山行きの下見を兼ねて、旧戸倉トンネルから赤谷山~戸倉スキー場に下る周回コースを
歩いて来ました。(同行者3人)
当日は、涼しく山頂ではひんやりとしてジャケットが欲しいくらいで気持ちの良い山歩きが出来ました。
新緑のブナ林が続く快適な尾根歩きで山頂は360°の展望が開け北側には、氷ノ山、西側方面では、
竹呂山、日名倉山、三室山等々多くの名峰が軒を連ねています。
IMG_2929_2016060308592714b.jpg IMG_2927_201606030859268f6.jpg
   赤谷山山頂と氷ノ山の遠望
往路:自宅~R29~旧戸倉トンネル入口付近  1時間50分
復路:往路と同じ(途中、東山温泉で入浴)


工程: 7.6k 所要時間 3時間40分(休憩含む)
旧戸倉トンネル入口(9:12)赤谷山登山口(9:45)ピーク1143(10:25)赤谷山山頂(10:48~11:25)
通信塔(12:16)戸倉スキー場リフトトップ(12:19)スキー場駐車場(12:52)
IMG_20160605_0002.jpg
二台の車に分乗してR29を北上、戸倉スキー場に一台デポして更に北上して新戸倉トンネル手前から右折、
旧戸倉トンネルへの旧道を進み旧トンネル入口付近に駐車。
IMG_2956_20160605073602c41.jpg IMG_2903_20160605073602352.jpg
登山準備をして作業道を赤谷山登山口に歩き始める。歩き始めると6年前に来た時と様子がちがう。
国有林材木運搬用の作業道工事のためブルとーザーやダンプが入り工事中。
IMG_2906.jpg IMG_2907.jpg
30分程林道を歩くと左手に赤谷山登山口の道標があり、そのまま直進すると戸倉峠、鳥取県側の眺望を楽しみます。
登山口戻って登山道に入るとのっけからロープが張ってある急坂を登って行く。
IMG_2909_201606050736001a5.jpg IMG_2908.jpg
IMG_2910_201606050750109a0.jpg IMG_2912.jpg
緩やかになった県境尾根を快適に進み、最初のピークで一休み、続いてピーク1143に向かいます。
おっと、変な標識発見!「ジャンケングー」? 後日、宍粟ガイドクラブの方に聞くとブナの苗がまるでジャンケンして
いるみたいなのでと命名されたそうだ。
IMG_2915_20160605075009f85.jpg IMG_2918.jpg
ピーク1143のあたりから美しい新緑のブナの林が広がる。森林浴を楽しみながら休憩です。
IMG_2922_20160605080451924.jpg IMG_2924_20160605080451cb1.jpg
IMG_2923_20160605080451cf0.jpg IMG_2926_20160605081206afb.jpg
更に緩やかな尾根を登って行くと展望が広がり振り返ると氷ノ山の山容がクッキリと。
切り開かれた二等三角点のある山頂に到着。ここまで誰も出会わず思い切り展望を楽しむ。
北に氷ノ山、西側に三室山日名倉山、竹呂山が確認出来る。ゆったりと昼食、癒しのコーヒータイムを楽しみ
下山にうつる。
IMG_2927_2016060508045005c.jpg IMG_2929_20160605081205dbd.jpg
IMG_2933_201606050812050ee.jpg IMG_2935_20160605081204cba.jpg
南へと戸倉スキー場への標識を確認し、歩きやすいブナの自然林を下って行く。
途中に「ブナ滝」と書かれている巨木を見ると空洞になった古木の幹に滝が流れているように見える。う~んなるほど!
標識を確認しながら激下り、登り返すと無線塔が見えて来ます。
IMG_2938_20160605081204179.jpg IMG_2940_20160605083028df3.jpg
IMG_2941.jpg IMG_2942.jpg
通信等からすぐにスキー場リフトトップに。ここからは広いスキー場を歩きやすいところを思い思いに下ってデポした
車を回収して帰路に着く。
IMG_2946_20160605083026393.jpg IMG_2947.jpg
IMG_2949_20160605103200160.jpg IMG_2953_20160605103159edd.jpg
途中、東山温泉に入浴、赤いホウノキを観賞した。満開の「やはずほうのき」は終盤ですね。
IMG_2964.jpg IMG_2967.jpg










スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

レポート拝見しましたし

権兵衛さん、おはようございます。
登山会の下見も3人さんのチームワークで、車を駆使してスムーズに歩かれましたね。
ブナ林に癒されますね。

お元気ですね、次は高御座山ですって!
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索