竹呂山から三室山周回=アップです=

竹呂山から三室山周回=アップです=

9/10 先週台風の影響で雨予想のため中止したが当日は天気回復だった・・・・。
ならば仕切り直しと仲間たちと予定通り竹呂山から三室山周回でした。(同行者6名)
展望はあまりよくなかったですが気温があまり上がらず尾根沿いは
風もありあまり暑さに苦しみませんでした。
竹呂山は尾根コースで最初から急登の連続、三室までアップダウンを繰り返し登るので
結構疲れますが鞍部は自然林でブナや大木がありどころたっぷりです。
が、しかし1198のピークを過ぎてからネマガリダケが出だす笹薮は結構鬱陶しい・・足元も悪い
ので難儀しました。
IMG_3537_201609121737381e0.jpg IMG_3556_201609121737373d5.jpg
    竹呂山山頂                  三室山山頂
往路:自宅~JR網干集合~R29~斉木口~R429~千種高校~R72~竹呂山登山口駐車場 2時間
復路:竹呂登山口~エーガイヤ入浴~R429~R29~自宅


ルート図
IMG_20160914_0001.jpg
行程:9.7k 歩行時間 5時間25分(休憩含む)
竹呂山登山口駐車場(9:05)竹呂山山頂(10:11~10:15)竹呂谷分岐(10:28)P1198m(10:51)三室山登山道合流点(11:38)
三室山山頂(11:44~12:15)大岩庭園(12:37)三室山登山口(13:20)竹呂山登山口駐車場(14:30)

三室山への途中にある竹呂山登山口より林道に入り、終点の登山口駐車場に車を止め登山準備。
すでに鳥取ナンバーの車が1台止まっていた。
谷コースに入らず右に折れ急登の尾根コースを進む。のっけから急との連続で喘ぎながら20分ほど登ると
少し緩やかな尾根に乗る。この辺りは林道が新たに切り開かれ登山道が寸断されているところもある。
IMG_3529.jpg IMG_3531_20160914151239ca9.jpg IMG_3532_201609141512391b8.jpg
さらに急坂をのぼる高度を上げるとようやくブナや自然林に囲まれた平坦な竹呂山山頂にでた。ここまで約1時間!
休憩をとり、竹呂谷分岐へと向かう。この辺りはゆったりとして自然林が素晴らしいです。
10分ほどで竹呂谷分岐に到着、さらに北へと三室山に向かう。
IMG_3537_20160914151238e5b.jpg IMG_3539_201609141533466fc.jpg IMG_3540.jpg
緩やかな斜面から急な登りに変わり下ショウ台と呼ばれているピーク1198mに。左に向かうと展望の岩場がありますが、
立ち寄らずそのまま進むことに。(この辺り踏み跡が薄く、テープもないので注意です)
すぐに根曲がり竹の笹薮に突入、背丈ほどあり、切り開かれた登山道は折れた笹が残っており、非常に歩きにくい。
ようやく笹薮を抜けるとピーク中ショウ台と呼ばれているピークに出る。ここで小休止です。
IMG_3541.jpg IMG_3542_20160914153345fee.jpg IMG_3545_20160914153345c60.jpg
少し展望が開けた樹々の間から山並みが見えるが、どんよりとして特定できない。
さらに登っていくとピーク1300mの大きな岩場に出る。岩場を巻いて慎重に下り、登り返すと三室山への
一般登山道と合流です。山頂は目の前だ。
合流点には標識がなく枝に小さなテープのみでわかりにくい。これは三室山から下山時に間違って入り込まない
ためのようです。
IMG_3546_20160919092902e9e.jpg IMG_3548_20160919092902257.jpg IMG_3550.jpg
山頂にある三角点にタッチ、なにやらメモが置いてあるので開くとなんと山仲間のニャロメさんからの
メッセージ=彼らは30分前に到着で大通峠に下山=前日に竹呂から三室を周回の連絡はうけていたのですが
ビックリです。
先客の3人組と2人組がそれぞれ食事中、挨拶を交わし此方も昼食を摂ることに。
展望が良くないのですぐさま下山にかかります。
IMG_3555.jpg IMG_3557_201609200843513d5.jpg
            氷ノ山、扇ノ山方面、東山、くらますもはっきりしない展望・・・・。
下山は三室山の一般道を下ります。とこrどころに鎖場、ロープが設置されており慎重に下ります。
途中にU字に湾曲したヒノキにウオーと歓声・・。岩場の続く大岩庭園を過ぎ、杉林をジグザグに下っていくが、
この辺りは伐採された多くが放置されたたままだ。
IMG_3561_20160920093114abe.jpg IMG_3562.jpg IMG_3564_201609200947540a6.jpg
やがて緩やかなくだりとなり水の音が聞こえて渓流にでる。渓流沿いに進み何度か渡渉をして丸太橋を渡ると
登山口に到着です。=渓流を渡渉中にハプニング!メンバーの一人が足を滑らせ水没?幸いにも服が濡れただけで
異常なし・・良かったです!=
IMG_3570_201609200939474d7.jpg IMG_3571_20160920093112896.jpg IMG_3572_20160920094754b53.jpg
登山口から広い舗装された林道を歩き三室の滝を過ぎるとやがて竹呂山登山口に到着、駐車した登山口駐車場まで
15分ほど登り返し戻った。
予想してたより竹呂山から三室への登りに疲れましたが、久しぶりにそろったメンバーで楽しい山歩きでした。
帰りは、ちくさの「エーガイヤで汗を流し帰路に着いた。
IMG_3574_2016092009475391d.jpg IMG_3576.jpg IMG_3577_201609200947525a7.jpg












j
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

權兵衛さん こんばんは
週末は表銀座より槍を目指されるのですね。
台風は足が遅くなっているので何とか歩けるでしょうか!
秋雨前線が活発なので無理はしないで下さいませ。

ちなみに娘が同日に燕登山をするので
天候が気になっています。 雨が降らなければいいのですが!

神璽谷は9月後半よりダイモンジソウが見られます
是非お越しくださいませ。

NoTitle

權兵衛さん こんばんは
娘より燕岳イルカ岩の画像が送られてきました。
土曜日は雨にもほとんど遭わず無事登れたそうです。
燕ピストンなのでOKを出しましたが
表銀座縦走や槍へならば中止させていました。

ちなみに今月末に私も燕から常念を計画しています。

レポート拝見しました

権兵衛さん、こんばんわ。
今日の午後はもの凄い風と雨で、家の中でじーっとしてました。
畑は大丈夫でしたか?

竹呂山~三室山を周回されたのですね。
三室山からの下りは等高線が狭くて急な下りですね。
皆さん足並み揃ってよく歩かれますね。

>10日、11日と常念から蝶ヶ岳
晴れるといいですね。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索