木枯らし一番の御在所岳に=アップです=

木枯らし一番の御在所岳に=アップです=

10/29 会の10月山行きは御在所岳に。(28名参加)
昨夜からの雨も上がり天気回復基調であるが予想では5m~10m近い風が吹くとのこと。
途中、SAでバスガイドさんの情報で風が強くなるとロープウエイが動かないかも?との話。
登山口から高度を上げていくうち矢張り段々と風が強くなって帽子が飛ばされそうになったが何とか無事に登頂。
紅葉はまずまずで色鮮やかに染まっていてロープウエイ山上公園は観光客が多く来られて賑わっていました。
DSC00124.jpg DSC00143.jpg
 地蔵岩と御在所岳の紅葉
往路:JR網干(6:00)~山陽道・中国道・名神・新名神~甲南IC~R477武平峠^中道駐車場(9:40) 3時間40分
復路:湯の山温泉駅~片岡温泉(入浴)~R477~四日市IC~新名神・名神・中国道・山陽道~JR網干 4時間

コース略図
IMG_20161106_0001.jpg
行程:11.5K 歩行時間 6時間30分(休憩含む)
中道登山口駐車場(9:50)中道登山口(9:55)負ばれ石(10:32)地蔵岩(10:53)六合目キレット(11:05)
山上公園(12:19)御在所岳山頂(12:38~13:20)裏道分岐(13:33)国見峠(13:44)藤内小屋(14:09)
湯の山温泉分岐(16:07)湯の山温泉ロープウエイ駐車場(16:30)

R477の武平峠を過ぎ、トンネルを出て右手にある大きな駐車場で下車、登山準備をして中道登山口へ向かう。
登山口には三重県山岳遭難防止協議会のみなさんが、安全登山の呼びかけをされていた。
登山計画、登山届装備などを確認されていました。アンケートに協力し安全登山を心掛ける旨お話ししました。
DSC00100 (1) DSC00102 (1) DSC00103 (1)
登山口に入るとのっけから梯子があり急登が続き、20分ほどで3合目に到着。
ロープウエイの下を北に向かうと4合目の負ばれ岩に。このあたりから奇岩が見えてきます。
DSC00104 (1) DSC00106 (1) DSC00111 (1)
展望が開け、ロープウエイ、左手に尖がった鎌ヶ岳の姿が見えてきます。5合目を過ぎると地蔵岩と岩場が続きます。
DSC00116 (1) DSC00119 (1) DSC00122 (1)
風がだんだん強くなり時折突風が・・・さらに進んで11:056合目に到着です。
DSC00123 (1) DSC00125 (1) DSC00127 (1)
小休止の後、難所のキレットを下ります。下る人、登ってくる人で少し渋滞気味に・・突風にあおられて
バランスを崩さないように慎重に下ります。
登り返しでけがをした女性を搬送すべく消防の方が待機されていた。女性は頭から血がでているようで
ぐったりとされていたが意識はあるようだった。う~ん滑落かな。この後も気をつけねばと。
DSC00128 (1) DSC00129 (1)
この辺りから紅葉が見られるようになった。梯子や滑りやすいV字の砂地を登ってい行きます。
突然根っこが登山道を塞ぐように・・自然の力は凄いです!
DSC00131 (1) DSC00133 (1) DSC00135 (1)
高度を稼いで8合目、岩場をロープや鎖つかんでさらに進むとやっと山上公園に到着。
DSC00136 (1) DSC00137 (1) DSC00138 (1)
山上公園遊歩道を歩いてスキー場へ。この辺りはハイカーに交じって多くの観光客が紅葉を楽しんで散策されている。
スキー場の階段を登りきると一等三角点の立つ御在所岳山頂に登着。
DSC00142 (1) DSC00143 (1) DSC00144 (1)
山頂で後続の会員を待って、集合写真を建ったあと、風が強く避けるように東屋や風裏で昼食。
展望を楽しむ余裕なく寒いので下山することに。山上公園遊歩道から裏道コースへと下る。
DSC00148 (1) DSC00149 (1) DSC00151 (1)
10分ほどで国見峠に到着、国見山には向かわず右手に下ります。振り返れば御在所岳方面の紅葉がすばらしいです。
DSC00153 (1) DSC00157 (1) DSC00158 (1)
沢沿いにゴロ岩歩きにくい登山道を下り右手に藤内壁が見えてくると出会いにでる。
右手に奇岩を眺め河原に出るとうさぎの耳と呼ばれる奇岩を見るとクライマーたちが垂直に近い岩壁を登攀していた。
小休憩してよく見ると女性がオーバーハングに挑んでいたので様子を観戦。
DSC00160 (1) DSC00162 (1)
河原を渡りすすむとしばらく進むと藤内小屋が見えてきた。渡渉を繰り返して堰堤の下を進んでR477にでた。
DSC00167 (1) DSC00169 (1) DSC00170 (1)
ここで大間違い本来橋の手前を左に折れて橋桁の下通りロープウエイ駅に向かう看板を見落とし、車道に出て
R477をしばらく歩いてしまった。どうもおかしい登山道が・・間違いに気が付いて端まで戻り蒼不動を経て登山道
1合目の看板でた。やれやれで湯の山温泉駅駐車場に下山した。
下山後、片岡温泉で汗を流し恒例の反省会、今回の道間違いと強風の中の登山について検証し帰路に着いた。
DSC00174 (1) DSC00176 (1) DSC00177 (1)
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

御在所岳!

権兵衛さん、レポート拝見しました。
強風の中、皆さんお怪我無く下山されて何よりでしたね。

私も下りは疲労が重なり、うっかり看板見落とすことがあります。
これからの課題にいたします。
ありがとうございます。

こんにちは

御在所岳、お疲れ様でした
風が強くて大変だったようですが、頂上付近の紅葉が楽しまれて良かったですね
いろいろな奇岩も楽しまれるのですね、展望もよさそうですね
現物を、見てみたいものです
でも、かなり厳しい岩場などがあるようですね
実際事故もあったようですし、遭難防止運動にも力が入っているのですね
ベテランさんも多い中で、道間違いとはね、反省会で…
ロープウエイもある人気の山を楽しまれて良かったですね
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索