のじぎくの里・日笠山連山に=アップです=

のじぎくの里・日笠山連山に=アップです=

11/12 山仲間の「のじぎくが咲き始めたよ」との情報でのじぎくの里・日笠山連山にミニハイクでした。 (11名参加)
ちなみにのじぎくは「兵庫県花」です。
まだ蕾が多いですが結構咲いていましたので大満足です。今週末から来週辺りが見頃ですね。
残念ながら夫婦岩付近は荒廃してノジギクは消滅していました。
DSC00205_20161118164655fdd.jpg DSC00273.jpg
コース概略図
IMG_20161118_0001.jpg
自宅から檀特山矢田部口で仲間と待ち合わせ、姫路BP高砂西から国道250線山電大塩駅前を右折、
突き当りを右にすすめばノジギクの里公園の大池に。
左に進み馬坂峠の入口の空き地に車を止めてまずはのじぎくの里公園に向かう。
公園入口にはキバナノジギクが満開だ。公園内のあちこちにのじぎくが咲き始めている。もちろんまだ蕾も多い。
DSC00192.jpg DSC00193.jpg DSC00196.jpg
公園にはトイレやベンチもあり憩いの場所となっています。狭い路地を抜けて岩神社に。ここから少し坂になり
延命地蔵を経て日笠山への散策道に。地元のボランティアの手作りのミニ灯篭が取り付けてあり点灯もされるようだ。
DSC00198.jpg  DSC00204_20161117114709998.jpg DSC00206.jpg
望海亭と名づけられた休憩小屋があり、ボランティアの方が訪れた方をおもてなしされておられます。
我々も、コーヒーをごちそうになり、しばしお話をさせてもらった。昨年より1週間ほど遅くなっているので今週末から
来週ぐらいが身頃のようです。
きれいに管理された群生地を歩くと、ノコンギク、皇帝ダリア、皇帝ヒマワリも咲いていましたよ。
DSC00209.jpg DSC00212.jpg DSC00205_20161117115655ae0.jpg
日笠山山頂は四等三角点(点名日笠山62.1m)があり公園となっており車で上がってくることができるが
駐車スペースはなく数台ぐらいしか駐車できない。
日笠山を後にして登山道に入ると笹薮や雑木林にかわり、少し登ってほどなく夫婦岩に着く。
ここからは高砂市街、高砂港や瀬戸内方面の展望が目に飛び込んでくる。が霞んでよく見えません。
残絵なことにこの辺りのノジギク群生地は荒廃して消滅していました。世話をされる方がいなくなったのだろうか・・。
DSC00217.jpg DSC00222.jpg DSC00223.jpg
夫婦岩から大北山方面に進み馬坂峠に。目を行かれるハイカーに声をかけるとなんと、山の会のOBの
皆さんでした。4人で同じくのじぎく鑑賞にいかれる途中で(我々と逆コース)
あまりの偶然に仲間たちと話がはずみ( ^ω^)。
OBの皆さんとお別れしてさらにハイキングコースを北に進むと見晴らしの良い登山道からは高御位山が見えてくる。
下山(81m)を過ぎると大塩山城跡の看板があるが周囲は笹薮に覆われて見ることができない。
逆方向からのハイカーから一本松山にいかれるなら清勝寺峠を登った先にスズメバチがいますからと注意と助言
を頂いた。う~ん要注意です!
DSC00227.jpg DSC00230.jpg DSC00232.jpg
目の前に一本松山の見える見晴らしの良い赤山(92m)の休憩所で少し早いが昼食を摂ることに。
先客の二人連れの先客がおられ挨拶を交わし山談義、この付近の詳しい地図を頂いた。
食事後、息切坂を下り晴勝寺峠に到着。峠には14日から落石防止工事予告でハイキング道の通行禁止だそうだ。
DSC00239.jpg DSC00240.jpg DSC00252.jpg
ラッキー!工事は月曜日からで良かったです。
ロープの取り付けてある急坂を登り緩やかになるところで展望が広がり、北に高御位山 の連山が見渡せる絶好の
ビユポイントだ。この辺りはハゼが赤く紅葉、登山道にはツリガネニンジンが咲いています。
DSC00253.jpg DSC00255.jpg DSC00257.jpg
問題のスズメバチですが2~3匹飛び回っていたが問題なく通過できたが・・・・・。活発に動き回る時期が過ぎたのか。
緩やかなアップの後、一本松山への分岐に出た。右は亀岩方面だが、左の一本松山に進む。
ほどなく四等三角点(点名:北脇135.7m)の立つ山頂に。この山はいただいた地図では清勝寺山で一本松山は地元の
通称か?展望はないのでその先にある下山路にでると播磨灘が見えるがあいにく霞んで・・・。
先ほどの登ってきた日笠山連山をを眺めながら一気に下る。
DSC00261.jpg DSC00262.jpg DSC00265.jpg
車道に出て、晴勝寺方面に進んでいるとミカンを収穫されていた方から取り立てミカンを頂いた。(感謝感謝です)
池の周りを廻って駐車地点に帰ってきたが、馬坂峠のノジギクの群落を見ていないので峠までピストン。
よく手入れされた群落地はキバナノジギクも咲いており週末から来週が見頃でしょう。
DSC00268.jpg DSC00270.jpg DSC00272.jpg
登山道で出会った花
DSC00219.jpg DSC00215_20161118164921cb5.jpg DSC00231.jpg
DSC00233.jpg DSC00236.jpg DSC00234.jpg
DSC00259.jpg DSC00274.jpg DSC00212_20161118165231db3.jpg








スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

植物は

人間はホントに 植物のお世話になっていますね。
家を建てるにも 木の働きがなかったなら、できない、
食べ物もしかり、なお美しく咲き心を慰めてくれます。

家庭に一輪の花があれば、はなやぎ、明るくうれしいものですね。
野の花たちは 種保存のためとはいえ 懸命に咲き誇りすばらしい。

昔 「野の花」言う映画がありましたね。
須磨ののじぎくはどうかな、?
美しいののじぎくを
ありがとうございました。

レポート拝見しました

権兵衛さん、おはようございます。

ノジギクを愛でながらの縦走、お仲間とのお話も弾みますね。
展望が開けて空気も美味しくて、秋晴れの爽快感をありがとうございました。

横尾の野路菊

権兵衛さん
横尾の野路菊は 日笠山の種をいただき育てたそうですよ。
http://www.kobe-np.co.jp/news/shakai/201611/0009677199.shtml

もしかして以前にも書いたかもですが、。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索