忘年会登山鶏籠山・的場山に=アップ=

忘年会登山鶏籠山・的場山に=アップ=

12/10 会の忘年会を兼ねて、たつの市の鶏籠山~的場山に。(25名参加)

コースは、赤とんぼ荘より紅葉の名所聚遠亭を経て紅葉谷から竜野古城跡あるの鶏籠山へ向かいます。登りきると段状に削平地に赤松氏が築いた竜野城二の丸、本丸跡の石垣や石畳が残っています。城跡から両見坂に下りここから的場山に登り返し、急登を登りきると305mのピーク、北側に揖保川沿いのそそり立つ鶴嘴山の屛風岩が目に飛び込んできます。的場山にはNTTのアンテナや電線で展望は望めません。下山は相撲の始祖、野見宿禰神社に下りますが途中からゴロ石の急坂になるので注意が必要です。玉垣の石段を下って展望台から童謡の小径に寄り道、歌碑の前に立つと懐かしいメロデイーを奏でてくれます。
DSC00529.jpg 
   童謡の小径から的場山を望む


行程:6.1k 歩行時間 3時間20分(休憩含む)
赤とんぼ荘駐車場(7:45)聚遠亭(8:05)紅葉谷(8:15)鶏籠山本丸跡(8:50)両見坂(9:05)的場山(10:00~10:13)
宿禰茶屋駐車場(10:45)童謡の小径~赤とんぼ荘(11:05)
GPS
IMG_20161215_0001_20161215101802e2e.jpg
送迎バスで忘年会会場の赤とんぼ荘へ。荷物を置いて赤とんぼ荘より紅葉の名所聚遠亭を経て紅葉谷から
竜野古城跡あるの鶏籠山へ向かいます。紅葉は終盤でしたが、残り紅葉で満足!
DSC00480.jpg DSC00485.jpg DSC00493.jpg
紅葉は終盤でしたが、残り紅葉で満足!
DSC00484.jpg

竜野城からの合流地点よりジグザグに登りきると段状に削平地に赤松氏が築いた竜野城二の丸、本丸跡の
石垣や石畳が残っています。
DSC00496.jpg DSC00499.jpg DSC00500.jpg
古城跡から一気に下ります。登山道から的場山の電波塔見えてきました。
両見坂から登り返して的場山に向かうが、P305まで急登が続く。
DSC00505.jpg DSC00506.jpg DSC00510.jpg
P305で小休止、揖保川を挟んで鶴嘴山や市街地の展望が広がる。
DSC00509.jpg
P305を過ぎると傾斜が緩み歩きやすくなる。階段が現れると電波塔の立つ到着。
山頂からは背戸内方面と北に新龍の山々の展望が楽しめる。
DSC00510_20161216175750430.jpg DSC00513.jpg DSC00515.jpg
小休止の後、集合写真を撮り、下山。車道を少し下ってガードレールの間から登山道に入り、
落ち葉でフカフカの歩きやすい登山道を一気に下ると宿禰茶屋の駐車場にでた。
車道を横断して、童謡の小径(白鷺山公園)に進む。
DSC00518.jpg DSC00519.jpg DSC00521.jpg
童謡の小径は「白鷺山山頂を縦断する散策路で、童謡「赤とんぼ」を作詞した詩人三木露風の故郷である龍野市が
1984年10月に「童謡の里」宣言をし、1987年7月に全国から募集した「あなたの好きな童謡」の上位8曲の
歌碑と遊歩道を白鷺山に整備したのが始まりである。歌碑は作詞者の出身地の石で造られており、
石碑に近づくとメロディーが流れます。」
みんなで童謡を懐かしく聞き、しばらく幼少を思い出します。
小学生だった子供たちと花見に来た時立ち寄って以来かな?常に整備されているのでしょう、メロディーが
良く聞こえましたよ。
DSC00525.jpg DSC00528.jpg DSC00531.jpg
メロディーを口ずさみつつ童謡の小径を下っていくと赤とんぼ荘の駐車場に降りてきた。
ちなみに、童謡の一覧です。
石碑一覧(Wikipediaより引用)
・赤とんぼ - 作詞家の胸像と石碑、三木露風作詞、山田耕筰作曲
・里の秋 - 根府川石、作詞者直筆、斎藤信夫作詞、海沼實作曲
・夕焼小焼 - 小松石、作詞者直筆、中村雨紅作詞、草川信作曲
・七つの子 - 小豆畑石、古茂田(作詞者の弟子)筆 、野口雨情作詞、本居長世作曲
・ちいさい秋みつけた - こうが石、房枝(作詞者の妻)直筆、サトウハチロー作詞、中田喜直作曲
・みかんの花咲く丘 - 柿木石、作詞者直筆、加藤省吾作詞、海沼實作曲
・月の沙漠 - 柿木石、加藤まさを作詞、佐々木すぐる作曲
・叱られて - 安芸石及びごこう石、恵子(作詞者の娘)筆、清水かつら作詞 、弘田龍太郎作曲
DSC00522.jpg DSC00526.jpg DSC00536.jpg
入浴後、今年一年の山行きを振り返り和やかな楽しい忘年会の開始です!
DSC00539.jpg DSC00551.jpg



スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

忘年会登山

権兵衛さん、こんばんわ。
歴史の跡をたどる登山と、残り紅葉をご覧になって童謡で郷愁に包まれて
忘年会で宴会~今年を締めくくるに相応しい山歩きでしたね。

今年も元気で歩けたことに感謝ですね。

活発

ほんとに 活発な 会ですね。
仕事を辞め、 いろいろやめてから 団体忘年会に参加なしです。
楽しそう~~~☆
山への活力がでますね。

ありがとうございました。

NoTitle

しーちゃん、こんばんは

レポ、見て頂いて有難うございます。
毎年、忘年会だけではと考え、近場で山歩きをかねて実施してますよ。

風邪気味で自重されたのですね。
まだまだこれからいくらでも機械はありますよ。
養生してくださいね。

NoTitle

てるみさん、こんばんは

レポ見て下さって有難うございます。

毎年、忘年会登山は楽しみですよ。
カラオケあり、踊りありと・・・

しーちゃんと雪山予定だったのですね。
残念でしたが、早くも雪山堪能ですね。
私も来週辺り氷ノ山を考えていますが・・・
天候次第ですね。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索