北八ヶ岳・白駒池から天狗岳へ

北八ヶ岳・白駒池から天狗岳へ

8月25日~8月27日檀特会恒例の夏山宿泊登山で今回は北八ヶ岳の天狗岳に出掛けました。<33名参加>



往路:JR網干駅~名神高速~中央道諏訪IC~メルヘン街道白駒池駐車場 夜行バス 8時間
復路:白駒池駐車場~諏訪湖池の平で昼食、風呂~中央道~名神~JR網干  7時間30分

天狗岳
赤線が1日目 青が2日目

第1日
好天が続いているので、素晴らしい展望を期待して22時30分JR網干駅を出発、諏訪SAで朝食をすませ、白駒池駐車場へ。3班に分かれて、ストレッチでからだをほぐし、白駒池からニュウを目指してシラビソ覆われ苔むした樹林地帯を歩く。ニュウからの360度の展望は素晴らしいのひとことです。
中山分岐を経て中山峠までは、同じような苔むした樹林地帯を歩くと天狗岳の尾根の取り付きより展望が開け登山道もゴロ石のザレに変わる。黒百合平分岐からは、東天狗岳頂上はもうすぐだ。しかしガスが出始め漬甲斐が悪くなり、頂上からは展望はない・・・。
後ろの班から落後者でて大分遅れており、天候の悪化も考慮して、西天狗の往復を断念して根石岳へ。鞍部で昼食をとり、後続を待って根石岳山荘へ早めの到着とした。

IMG_2027.jpg IMG_2029.jpg
白駒池駐車場に到着、ここで登山準備・ストレッチで体をほぐして道路を渡り登山道へ
 IMG_2031.jpg
約15分ほどで朝日に輝く白駒池に
IMG_2032.jpg IMG_2033.jpg IMG_2034.jpg
白駒荘を通り、白駒湿原の木道を歩き苔むしたシラビソの樹林地帯へ
IMG_2036.jpg
ニュウより南方向に富士山の姿がクッキリと
IMG_2039.jpg IMG_2041.jpg
360度の展望にしばし写真タイム
IMG_2037.jpg
北には、歩いてきた白駒池と奥に、北横岳、蓼科山が見えます。
IMG_2043.jpg
南にはこれから登る東天狗と西天狗と中央奥には硫黄岳の姿が
IMG_2035.jpg IMG_2044.jpg IMG_2045.jpg
ニュウを後に中山峠を目指して、展望のない苔むしたシラビソの樹林地帯を歩きます。
だらだらとした登山道で、ところどころに水たまりがあります。
IMG_2048.jpg  IMG_2052.jpg IMG_2053.jpg
中山峠を過ぎると展望が開け東天狗、西天狗の姿がみえてきました。
このあたりからトウヤクリンドウ等花達がすがとを現わし安らぎを覚えます。
IMG_2051.jpg
東天狗尾根の取り付き付近から登山道はゴロタのザレた道に変化します。
IMG_2054.jpg
振り返ると、さっき歩いてきたニュウの姿が見えます。
IMG_2060.jpg
黒百合平でしばし休憩
ガスが大分上がって西天狗方面が黒くなってきた
IMG_2065.jpg
頂上が目の前 最後の登り
IMG_2066.jpg
頂上に到着、ここで後続を待ちます
IMG_2067.jpg
どんどん登ってくる会員たちで山頂は一杯です。
IMG_2068.jpg IMG_2070.jpg IMG_2072.jpg
山頂で記念写真   最後の班が大分遅れているので西天狗を断念して根石岳に向かう
IMG_2073.jpg IMG_2074.jpg 
根石岳山頂にて
IMG_2076.jpg
根石岳山頂直下に今晩の宿である根石岳山荘ガ見える
IMG_2080.jpg IMG_2082.jpg IMG_2078.jpg
小屋の前にコマクサがまだ咲いていました。<小さくて、所々に>
山荘で着替えをすまし、展望風呂で汗を流しあと、ビールで乾杯
お疲れ様でした。
山荘は、檀特会の貸切で、2年前に建てられた新館は、ソーラーシッステムで、部屋にはテレビがあり、テーブルと椅子も完備してくつろげる。またトイレの便座は暖房が入り、まさにホテル並みで山小屋ではありませんでした。<旧館は、来年建て替えられると言われていました。>
おいしい湧水があり、展望風呂は、3人が入れゆっくりと汗をながせましたよ。

第2日
夕方に雨が降りましたが、すぐに止み、満天の星が輝いていました。
4時過ぎに起床し、洗顔後全員、小屋前でご来光拝み、朝食後に各自荷物を整理して出発準備。
天気は快晴で展望良し西に御岳、東には、金峰山、瑞牆山、甲武信岳、南東には浅間山がみえました。
昨日の登山道を、東天狗岳まで登り返し、ゴロ石の登山道を下り、中山分岐へ。
中山分岐を高見石方面にとり、ゴロ石が延々と続く登山道を高見石小屋へ、ここで後続を待ち、白駒池に戻るが、展望のない、樹林地帯で非常に歩きずらかった。

IMG_2083.jpg IMG_2084.jpg IMG_2085.jpg
小屋前でご来光を並んで待ちます。
IMG_2096.jpg
小屋前でご来光の瞬間です。
IMG_2100.jpg
東南には金峰山、瑞牆山、甲武信岳方面
IMG_2101.jpg
北西には、北アルプスが
IMG_2107.jpg
西側には、御岳山
IMG_2108.jpg IMG_2112.jpg IMG_2109.jpg
根石岳を登り返して、赤岳、阿弥陀岳をバックに集合写真
IMG_2115.jpg
根石岳山頂から東天狗岳、西天狗岳
IMG_2116.jpg
東天狗岳へ一旦下って登り返す。
前方に浅間山がうっすらと姿をみせます。
IMG_2118.jpg
鞍部より天狗岳の雄姿
IMG_2122.jpg IMG_2125.jpg
東天狗岳から南アルプスが
IMG_2126.jpg IMG_2127.jpg IMG_2128.jpg
中山分岐から中山を経て高見石小屋へゴロ石の歩きにくい樹林地帯を下ります。
IMG_2133.jpg IMG_2130.jpg IMG_2131.jpg
高見石小屋に到着、ここで後続をまちます。高見石を登り、見渡せば、下山する白駒池が見えます。 
 IMG_2129.jpg
背丈以上の巨岩がゴロゴロの高見石
IMG_2132.jpg IMG_2027.jpg
高見石小屋に戻り、白駒池を経て駐車場に無事下山。

バスで、諏訪湖の湖畔にある、池の平温泉で汗を流し、高原旬彩バイキングで乾杯し、思い思いに遅い昼食を取り、帰路に着いた。
今回、2名が体調不良、膝痛で遅れ、なんとか下山できたが、自己管理をしっかりとしなければと痛感。
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

権兵衛さん、33人の夏山合宿でお疲れ様でした。
足並みが揃うのが難しいのに、皆さんご無事で何よりでしたね。
お天気に恵まれての展望やご来光も見えて、皆さんを歓迎してくれましたね。
根石岳山荘の新館はホテルみたいにすてきですね、泊ってみたいです。
でっかい夏の想い出をありがとうございます。

権兵衛さん、天狗岳のレポを拝見しました
会の方、33名での登山だったのですね
レポを拝見すると、西天狗は断念されたようですが、良い天気で北アルプスなどが見えていたのですね
2名の方の体調が悪く、予定のコースを歩くことが出来なかったのは残念でしたが、無事全員が下山出来て良かったです
バリゴヤノ頭ですが、今日、同僚のつーさんに踏み跡が無いので計画は難しいと言いましたが、バリルートの大好きな、つーさんは逆に行きたがってしまいました

権兵衛さん、稲村ヶ岳レポを見ていただきありがとうございます
いよいよ来週は手術ですね
今日は入院までの最後の山歩きだったのでしょうか
北アルプスですが10月の上旬を考えているのですが、天候次第ですね
稲村ヶ岳をご一緒願った同行者ですが、健脚なクライマーの方で登りは全く疲れ知らずです
以前、ポンポン山で出会った時には1kgのウエイトを両足に着け歩かれていました
私の体力とは全く違い、レベルの違う方です
ウライミングも誘われるのですが、全くレベルが違うのでお断りをしています

権兵衛さん、無事退院されたのですね
もう週末から山歩きを始められるのですか?
檀特会は創立10年ですか、この10年間でとても大きな団体になったのですね
会員の数が増えれば、まとめるのも難しくなってきますね
私も今度、10月27日に金勝アルプスのハイキングの企画を考えましたが、予想外の参加者に、現在16名という大人数に
反省会の場所とか行程の時間調整などを決めるのも難しく、単独登山の楽さを痛感します
北アルプスですが今回の連休を利用して出かける予定dしたが、事前の予報が高一つだったので中止しました
10月にも挑戦したいのですが、山歩きの企画が2回は行っているので、難しいかも

権兵衛さん、檀特山の削治岩辺りにスズメバチの巣があるのですね
先日、スズメバチのことをテレビで放送していましたが、他の蜂は1度刺すと終わりなのですが、スズメバチは針が抜けず何度でも刺すようです
そしてスズメバチは差すだけでなく猛毒を飛ばすこともあるようなので、目にでもかかると失明することもあるようですよ
術後、最初の山歩きで筋肉痛が出たようですが、私も昨日歩いて筋肉痛になってしまいました
しかも途中敗退でしたよ

権兵衛さん、スズメバチから出る液体は洗濯しても取れないのですか
非常に強い毒性があるのですね
種類によっては独蛇よりも、強い毒性のあるスズメバチもいるようですね
所で紅葉で出かけた山ですが燕です
下りで足の疲れを感じ、予想していた時間通りに歩くことが出来ず、予定していた時間より1時間以上も遅れてしまったので、次に向う山に行くことは出来ず、日帰りで下山してしまいました
レポで詳しく説明させていただきます

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索