氷ノ山スノーシュートレ=アップです。=

氷ノ山スノーシュートレ=アップです。=

3/18 今年はどこの山も積雪が多く、入山が難しいところも、氷ノ山も第三リフトが動かず・・・。
3月に入ってリフトが稼働との情報が入りこれは行かなくてはと思い計画をたてていたが天候や
所要でのびのびに。山仲間のOさんからお誘いがあり急遽氷ノ山に。
前日に、他の山仲間より氷ノ山に出かけ展望、霧氷よし最高だったと聞かせれこれはぜひとも行かなくては!
当日は、気温が上がり暑かったので木々の着雪はほとんどなく期待していた霧氷なしで残念でしたが、
でも積雪量はやはり例年よりも多く雪庇の張り出しも大きく今までにない氷ノ山の雄大な雪山を堪能しました。
DSC01097.jpg DSC01111.jpg
氷ノ山山頂と甑岩付近の雪庇の張り出し
往路:自宅~R29~R482~わかさ氷ノ山スキー場駐車場 2時間15分
復路:往路をピストン 2時間30分


行程:10.5K 所要時間 4時間30分(休憩含む)
スキー場駐車場(8:30)リフト乗り場(8:39)リフトトップ(8:50~9:00)三の丸(9:50)氷ノ山山頂(10:35)
氷ノ山越避難小屋(11:25~12:00)~氷ノ山名水(12:35)スキー場駐車場(13:00)
GPSコース
IMG_20170320_0001.jpg
自宅からR29~R482~わかさスキー場駐車場まで道路は凍てつきもなく快調に車を走らせた。
駐車場よりリフト乗り場にあるパトロール事務所に登山届を出しているとなんと明神山の常連さん、日野さん(日野家の山歩き)とばったり。
ビックリです!彼らは山頂より戸倉峠に下山予定。氷ノ山山頂までご一緒することに。
まずは、リフトで第三リフトに乗り継いでリフト最終まで、ここでスノーシューを装着して支尾根の急坂を上ります。
DSC01123.jpg DSC01067.jpg DSC01070.jpg
山毛欅の尾根まで一気に登り、一息入れる。期待していたブナの木々には着雪はなく霧氷は融けてガックリ!
気を取り直し、雪原を三の丸へ進みます。
DSC01071.jpg DSC01074.jpg DSC01076.jpg
見渡す限り雪原をトレースはあるもののできるだけノートレを歩き三の丸東屋、避難小屋を過ぎ展望台へ。
三の丸から山頂方面の展望は素晴らしい。この辺りの雪庇も例年に比べ大きいです!
DSC01078.jpg DSC01079.jpg DSC01080.jpg
しばし休憩ののち、山頂に向かう。
芦生杉のモンスターは・・・だめですね~。先を急ぎましょう!
DSC01086.jpg DSC01085.jpg DSC01089.jpg
山頂への急登にかかります。息きが乱れゼイゼイとここが踏ん張りどころ!
やっとトイレのある東屋が見え、ホット一息。山頂はすぐそこです!
山頂には、日野さんたちと我々だけで人影なし、しばし展望を楽しんだ後写真を撮ってもらい一息入れ
て時間も早いのでお別れして氷ノ山越まで下ることに。
動画:☞2017-3/18 氷ノ山山頂より
DSC01090.jpg DSC01093.jpg DSC01097_20170320185116aee.jpg
しばし展望を楽しんだ後写真を撮ってもらい一息入れて時間も早いのでお別れして氷ノ山越まで下ることに。
甑岩近くまで慎重に下っていくと3人の若い3人グループと出会い挨拶を交わす。彼らはスノーシューで登って
きたのでアイゼンに履き替えるのをやめ、そのまま難所の甑岩を巻いていくことに。
DSC01095.jpg DSC01103.jpgDSC01104.jpg
慎重にスノーシューの爪を効かせながら無事通過、距離にして僅かだがいつもヒヤヒヤものだ。
大きな雪庇の張り出す県境尾根を快調に行くと単の男性が登って来られたので挨拶を交わすと、なんと
その方は、上半身裸でしかもツボ足で、木製のワカンはザックに括り付けたままだ。天気が良いので雪の
照り返しが暑いのでと言われた。そういえば那岐山の「名物おじさん」☜このおじさんも上半身裸・を思い出した。
DSC01109.jpg DSC01113.jpg DSC01110.jpg
山頂から25分で氷ノ山越避難小屋に到着、小屋の中に入り、うどん鍋とおにぎりでランチ、コーヒーで休憩です。
ここから急斜面の杉林を下っていくが尻セードトレースがあり滑らないように悪戦苦闘しながら・・・。
ようやく広い茅場の雪原に出ると展望が一気に広がりスキー場全体が見渡せます。
ここでも二人の登山者に出会う。山スキーの方とこのコースは初めての方、今から登らるコースは
急斜面の杉林があり、厄介ですよとアドバイスする。

DSC01114.jpg DSC01117.jpg DSC01118.jpg
茅場を抜けると再び杉林に入り、少し下って「氷ノ山名水」に下山、スノーシューを外して後は
車道を歩いてスキー場の駐車場の戻った。 同伴のOさんは久しぶりの雪山に大満足でした。
DSC01120.jpg DSC01108.jpg DSC01122.jpg















スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

氷ノ山

登山届け場所で権兵衛さんにお会いしてビックリしました。
甑岩のトラバースいかがでしたか?
若桜側からの氷ノ山周回には3箇所の危険個所が有ります。笑い
①甑岩のトラバース
②氷ノ山越直下の激坂
③茅場のクレパス
いずれも大丈夫でしたか?
私の方は既にHPにアップしました。

http://www.geocities.jp/hino8224/hyonosen_tokura20170318.html
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索