三久安山にワラビ採り=アップです=

三久安山にワラビ採り=アップです=

5/20 毎年恒例のワラビ採りに三久安山へ仲間たちと出かけました。(同行者5人)
昨年もちょうど今時分に出かけており「で山の貴婦」人ヤマシャクヤクも咲きだしているだろうと。
暑い日差しの中急斜面を物ともせず一心にワラビ採りに夢中で・・。ソコソコお土産分ゲットして
ヤマシャクヤクを見に廻りましたが、数株しかしか咲いておらず( ^ω^)・・・残念。
帰りに立ち寄った東山ではクリンソウの大群落が花を咲かせ思わずにっこりでした。
IMG_4280.jpg IMG_4320.jpg
 ヤマシャクとクリンソウ
往路: 自宅~R29~野外活動センター~林道終点・三久安山登山口 1時間30分
復路: 林道終点・三久安山登山口~R29~途中東山温泉で入浴~自宅  


行程: 歩行時間 5時間(ワラビ採り・休憩含む)
三久安山登山口(9:10)・・・ワラビ採り・・・三角点P981.5M(11:08)溝谷分岐(11:45)三久安山山頂(11:54~12:28)
溝谷分岐(12:36)・・・ヤマシャク群生地・・・三久安山登山口(14:10)    

自宅からMさん宅に集合、R29を北上し音水湖を左折、野外活動センターを経て林道終点に。
すでに先行車が4台止まっており、林道わきの空きスペースに何とか駐車できた。
偶然にも宍粟ガイドクラブのYさんと出会う。4人の登山者をガイドだそうだ。
挨拶を交わして先行、三久安山登山口の道標から荒れた林道の急坂を登っていく。
IMG_4268.jpg IMG_4270_20170525082345f67.jpg IMG_4310_20170525082647f67.jpg
林道途中から急斜面に入り伐採地でワラビを探してキョロキョロと・・・。
斜面には時折フタリシズカ、タチツボスミレがお出迎え。ホットしますね・・・(*^_^*)
そこそこお土産をゲットして11:0過ぎに点名:新道」の四等三角点にメンバー再集結。
小休止の後、三久安山に向かう。
IMG_4276_20170525084748fb6.jpg IMG_4278_20170525082343987.jpg IMG_4279_20170525085042c42.jpg
ヤマシャクの群生地にちょっとお邪魔して・・咲いてますが・・・数株だけで後はつぼみがほとんどで。
がっかりです!昨年は良く咲いていたのに・・・・(;_;)
気を取り直して登山道に戻り、後は快適な尾根歩きで、縦走路の分岐に出る。
IMG_4280_2017052508564518b.jpg IMG_4286.jpg IMG_4283_201705250856441e7.jpg
溝谷分岐か新緑も鮮やかなブナ林を緩やかにアップダウンし15分ほどで三久安山山頂に到着。
山頂には、ガイドのMさん一行が食事中で我々もランチ。
昼食後、もと来た道を戻りもう一度ヤマシャクを覗きに群生地に立ち寄り伐採地の登山口に下山。
伐採地付近にはワラビ狩りグループが新たにおられた。やはりワラビの宝庫?かな。この時期入山される人が多いです。
今年もそこそこのお土産に皆満足でした。
IMG_4288_20170526163410371.jpg IMG_4289_20170526163409230.jpg IMG_4302_201705261635284d6.jpg
帰りに東山温泉に立ち寄り、入浴後クリンソウの群生地に。咲いていました昨年同様に素晴らしい群生でした。
IMG_4323_20170526163907586.jpg IMG_4324_20170526163906db2.jpg IMG_4322_20170526163905a59.jpg






つづく
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

こんにちは

こんにちは
ヤマシャクヤクの画像、目が有って、鼻が有って、口が有って、素晴らしいですね
ベニバナの方もそろそろですかね、また何かあったら情報下さいね

レポート拝見しました

権兵衛さん、こんばんわ。

ワラビ採りされた後に三久安山に登られたのですね。
東山へも行かれて見事なクリンソウだったのですね。
車で移動は行動範囲が広がりますね。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索