とっておきの展望・荒川山塊=アップです=

とっておきの展望・荒川山塊=アップです=

7/8 会の山行きで近場の京見山から夢前川対岸に位置する荒川山塊・苫編山から籾取山~鬢櫛山への
縦走でした。(28名参加)
梅雨の合間であいにくの蒸しっとした曇り空、展望はなく登山道の下草は濡れ、汗びっしょりの山歩きでヘロヘロ!
バテました。ヽ(`ω´*)ノ彡☆
DSC01583.jpg DSC01587.jpg
ピーク200の岩場から夢前川を挟んで京見山方面と四等三角点の立つ籾取山


行程:6K 歩行時間 3時間35分(休憩含む)
JR網干(7:09)🚃=JR英賀保(7:15~7:30))・・・貯水タンク登山口(7:50~7:55)貯水タンク(8:05)苫編山(8:46)
P200送電線鉄塔(9:45~9:55)籾取山(10:03)鬢櫛山(10:25)下山口(11:02)・・・姫新線はりま高岡(11:05)
苫編山~鬢櫛山
今回は、電車利用で近場のミニハイク。
JR英賀保駅に7:30集合!駅から北西にある貯水タンクを目指して新興住宅地を歩き始める。
本徳寺廟所から登らずに西側に回り込み貯水タンク登山道に向かう。登山口前でストレッチの後、
階段を登り貯水タックに沿って登山道に入るがあまり歩かれていないのか蜘蛛の巣が多く、昨日の雨の
影響もあって下草が濡れておりおりおかげでひざ丈までズボンはびしょ濡れ状態・・・仕方ないか。
DSC01568.jpg DSC01569.jpg DSC01571.jpg
ストックをクルクル回しながら蜘蛛の巣を除きながら進む。緩やかなアップダウンしてやがて展望の良い開けた
岩場に到着。麓には姫路バイパスとJR山陽本線が交差しているのが見えるがどんよりとしてはっきりしない。
DSC01572.jpg DSC01574_20170712174251d89.jpg DSC01575.jpg
小休止の後苫編山に向かう。山頂に立つと えっ!反射板が無い?コンクリートの基礎があるだけ・・・。(以前あった反射板)
気を取り直して登山道を左に取り籾取山方面に向かう。
DSC01577_20170712174249961.jpg DSC01579.jpg IMG_6026_20170712175005a86.jpg
苫編山から滑りやすい急坂を下りきると伯母ヶ谷の十字路、そのまま進んで 小蓑峠を登りきるとピーク200mの鉄塔に出る。
鉄塔からの展望は良いのだが、あいにくの天気で夢前川の先の家島諸島がかすかに見える程度だ!
しばらく展望を眺め小休止。少し登れば四等三角点 の建つ籾取山(200.3m)の到着。
DSC01581_2017071217585100b.jpg DSC01583_201707121758540d6.jpg DSC01586.jpg
籾取山から少し下り気味に進むと登山道脇に見落としてしまいそうなトンボソウ発見!
鬢櫛山は雑木林の中、展望はないのでスルーして東の岩尾根に向かう。
DSC01591.jpg DSC01593.jpg DSC01594.jpg
この辺りは荒川山塊でも最も展望が良いところで振り帰れば先ほど通ってきた籾取、鬢櫛山、東には姫路市街や姫路城、
南には播磨灘と。
しかしあいにくの空模様で残念ながらはっきりしない。集合写真を撮って下山予定のはりま高岡駅に向かいます。
送電線に沿って巡視路を下れば鉄梯子が見えてくる。目の前がはりま高岡駅だ。
梅雨の合間にみんな濁になりながらのやま歩きでしたがどの顔も満足感で一杯でした。
DSC01599.jpg DSC01601.jpg DSC01603.jpg
はっきり見えない姫路城と姫新線はりま高岡駅
DSC01598.jpg DSC01600.jpg









スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

グループ登山だから

蒸し暑くても皆さんで頑張れますね。
縦走できてお昼に下山出来るコースも、この時期はいいですね。

お昼は自由解散ですか・・・
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索