山の日は宍粟の十年に

山の日は宍粟の十年に

8/11 山の日です。どこに行こうかなと。 会員さんが宍粟のミステリー登山会があるよと教えてくれました。
うん、じゃ~それに。 千メーター級で約5時間、登る山は当日発表で面白そう~。
宍粟市役所に集合すると行き先は新たに選定された宍粟別撰5名山の「十年」でした。(三等三角点の点名)
参考=宍粟別撰5名山
ミステリー登山会案内と十年登山口
DSC01913.jpg DSC01917.jpg
十年山頂とヤマメ茶屋登山口
DSC01937.jpg DSC01946.jpg
登山コース(宍粟別撰5名山より)
IMG_20170813_0001.jpg
行程:4時間(休憩含む)
宍粟市役所(8:30)🚌大森神社登山口(10:00)~四等三角点(871.5)~市境尾根(11:46)~ヤマメ茶屋分岐(12:07)
十年山頂(12:12~13:00)~ヤマメ茶屋登山口(13:50)~滝流しそうめん駐車場(14:00)


宍粟市役所に集合し、ガイドクラブの説明を受けマイクロバス4台に分乗して登山口の大森神社に向かいます。
調度、戸倉スキー場を過ぎてすぐ東側にある神社前の広場に到着。ストレッチで体をほぐし、鳥居をくぐって
境内から林道に向かう。(後で知ったのですが参加者76名、ガイドスタッフ16名の鶏92名の登山会でした。)
DSC01914.jpg DSC01916.jpg DSC01917_2017081409154608b.jpg
沢沿いにしばらく林道を進むと尾根への取り付き点に到着、濡れて滑りやすい急坂を登ると緩やかな尾根筋に出る。
林道終点まで進んでも尾根に出ますが今回ショートカットで!
DSC01924_20170814091545a58.jpg DSC01926.jpg DSC01927.jpg
因電・因幡発電の鉄塔跡を抜け開けたところにある四等三角点(点名:宮ノ後871.5m)に到着。
ここから右に回り込むと市境尾根(養父市・宍粟市)でる。
DSC01928.jpg DSC01929.jpg DSC01932.jpg
ブナやトチの巨木が点在する歩きやすい自然林を進むとやがてヤマメ茶屋登山口への分岐に到着、
目の前が十年山頂だ。ただし展望のない狭い頂上で直下の開けたところで昼食を摂る。
DSC01933.jpg DSC01936.jpg DSC01937_20170814095109dff.jpg
食事後、集合写真を撮り、ヤマメ茶屋登山口に向かって下山開始。
緩やかな尾根をどんどん下って30分ほどで作業道に出るが、踏み跡は少なく雑草が生い茂り倒木ありと歩きにくい。
DSC01941.jpg DSC01942.jpg DSC01943.jpg
10分ほどで登山口の標識にでた。ここから広い基幹林道をしばらく歩くとヤマメ茶屋入口R29を少し下ると
滝流しそうめん駐車場に。 送迎のマイクロバスに乗り込み宍粟市役所に戻った。
DSC01945.jpg DSC01946_201708141005491ba.jpg DSC01949.jpg
登山道で見つけたトンボとヤマジノホトトギス
DSC01920.jpg DSC01934.jpg












つづく
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

こんにちわ。

十年という 楽しい名前の山ですね。
まったく知りませんでした。
兵庫の山は意外に遠くて 最近六甲以外は歩けてないです。
バスで行けるところは 歩けるうちに 歩いておきたいですが、
なかなかですわ。

映画鑑賞だったとか、楽しかったそうで、よかったですね。
楽しいコメント 御写真を、ありがとうございました。

皆さん、楽しそう

権兵衛さん、おはようございます。

じゅうねんという山の名前が、覚えやすいですね。
1,000mほどあって2時間で登れるのですね。中級?皆さん健脚ですね。

来週は南アルプスですね。入念な計画されてるでしょう。
計画段階もウキウキと楽しみですね。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索