国内第二位・南アの高峰北岳に=アップです。=

国内第二位・南アの高峰北岳に=アップです。=

8/26 会の山行きで、南アの最高峰‘北岳‘に。参加者21名
早朝、バスでJR網干を出発、BP・山陽道を経て中国道に入ると宝塚付近で突然雨が降って心配したがすぐに止み天候回復。
名神高速を順調に進んでいたが中央道に入り恵那山トンネルを出た直後に事故による渋滞に・・・。
どうなることかと・・予定より30分ほど遅れて南アルプス林道バス仙流荘バス停に到着、昼食の時間に間に合った!
仙流荘で昼食後、バスで北沢峠に。ここで南アルプス市営バスに乗り換えて広河原に向かう。
北岳への登山口である広河原から二泊三日の北岳登山は天候に恵まれ、素晴らしい展望と花達に大満足の山旅。
転倒によるアクシデントがあり、心配しましたが全員無事下山出来ホッとしました。
★野呂川にかかる吊り橋
IMG_4513_20170831104735e3b.jpg
★二俣分岐より鳳凰三山
IMG_4561.jpg
★1日目のお宿白根御池小屋
IMG_4571.jpg

行程:J網干=BP・山陽道・中国道・名神高速・中央道=伊那北IIC=仙流荘=🚌北沢峠=🚌広河原
1日目:3.75K 歩行時間3時間08分(休憩含む)
広河原山荘(13:52)~白根御池分岐(14:12)~二俣分岐(16:17~16:25)~白根御池小屋(17:00)
★今回スマホでYAMAP利用してみました。GPSより簡単でわかりやすいです。但し、電池の消耗が大きい(5時間ぐらい)
のが残念ながら長時間の使用は無理です。山小屋で充電出来るところがありますがすべてではありません。(充電器持参で)、
白根御池
1日目
南アルプス甲斐駒ヶ岳・仙丈ヶ岳の登山口でもある仙流荘バス停から北沢峠を経由して広河原バスターミナルに。
IMG_4503.jpg IMG_4509.jpg IMG_4511_201709011137342bf.jpg
野呂川に架かる吊り橋を渡り広河原山荘でトイレを済まし登山準備。ここから大樺沢登山道に入る。
IMG_4512.jpg IMG_4513_20170901113733db8.jpg IMG_4515_201709011141539b8.jpg
山荘の左側より登山道に。針葉樹の森の急登を登り20分ほどで白根御池小屋との分岐に。
ここは左にとり大樺沢へと進む。登山道にキツリフネソウ、ソバナ、ジャコウソウがお出迎え、カメラタイムです。
渓流沿いにドンドン高度を上げ、数回小橋を渡り進むと雪渓が見え始める。
IMG_4516_20170901114152b01.jpg IMG_4526_20170901114151a11.jpg IMG_4533_201709011141508f3.jpg
歩き始めて2時間30分、大樺沢二俣の分岐に到着、振り返ると雄大な鳳凰三山が大きく見えてきた。
しばらく休憩の後、今夜の宿である白根御池小屋に向かう。緩いアップダウンを繰り返ししばらく進むと色とりどりのテントが
並ぶテントサイト・白根御池に出る。
IMG_4560.jpg IMG_4561_201709011315120c9.jpg IMG_4562.jpg
緩いアップダウンを繰り返ししばらく進むと色とりどりのテントが並ぶテントサイト・白根御池に出る。
17:00 白根御池小屋に到着。皆さん、予定通りの時間で歩け疲れていない様子で満足そう。
明日も天気が続く予想なので素晴らしい展望が楽しみです。
IMG_4568_20170901131511a1d.jpg IMG_4571_20170901131510976.jpg IMG_4573_201709011316464cb.jpg
大樺沢の花達 :キツリフネソウ、ソバナ、ジャコウソウ
IMG_4524.jpg IMG_4525.jpg IMG_4521.jpg 
センジュガンビ、ミヤマホタルブクロ、ミヤマハナシノブ
IMG_4544_20170901122345ce4.jpg IMG_4541.jpg IMG_4542_20170901122344a65.jpg
タカネナデシコ、シナノキンバイ、ミヤマシシウド
IMG_4554.jpg IMG_4555_2017090112282640a.jpg IMG_4535_20170901122825a6c.jpg






スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

北岳

どこか登られてるのかな と、思っておりました。
好天のようでよかったですね。
天気が不安定でみなさん 二の足を踏んでおられる中、
ラッキー 持ってますね!!
レポ 楽しみです。

1日目拝見です

権兵衛さん、こんにちわ。
さすが、スマートフォン使いこなされておられますね。
鳳凰三山の雄姿が素晴らしいですね!
白根御池小屋はどっしりとお宿ですね。

続きが楽しみです。

スマホGPS

色付きの文字スマホPGS使用時の電池消費時間ですが、5時間以上は充分に持つと思いますよ
私が東山・鳴滝山を周回したとき(5時間以上)でも未だ電池は70%程度残っていました。
山の中では携帯電話を通常モードにしていると、圏外になると携帯電話は常に電波をキャッチすべく動いており電池の消費が大きくなってしまいます。

解決策として、山の中では「機内モード」に設定しておくとGPS機能は働くが携帯機能は休眠するので電池の節約になりますよ。v-10
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索