北岳③肩の小屋~広河原山荘へ=アップです。=

北岳③肩の小屋~広河原山荘へ=アップです。=

8/28 3日目 夜半、小屋前のトイレに立つと風が強くじっとしておられないが満天の星だ。
今日も好天が期待できそうだ。
明ける富士山
DSC02000_20170907152243c53.jpg
肩の小屋
DSC02001.jpg
明ける八ヶ岳連峰
DSC02002.jpg
甲斐駒ヶ岳
DSC02003.jpg
仙丈ケ岳
DSC02004.jpg
鳳凰三山からのご来光
DSC02011.jpg
野呂川に架かる吊り橋
DSC02053.jpg
広河原より北岳を望む
DSC02055.jpg

3日目は肩の小屋でスマホ充電、YAMAPを使用しました。
3日目

データー3
4時起床、5時の朝食前に皆さん小屋前でご来光見物。が、雲が厚く残念ながらはっきりと見えませんでした。
それでも赤く染まり始めた展望に満足です。
肩の小屋に同宿したクラブツーリズム、トラピクスの団体さんも登山準備で6時前にそれぞれ北岳山頂、広河原へ
先行されました。
此方も集合写真を撮って広河原に下山開始です。
DSC02011_20170907154149742.jpg DSC02012.jpg DSC02015.jpg
動画: ☛肩の小屋よりご来光

肩の小屋を後に甲斐駒岳、仙丈ケ岳のお別れ、稜線を下っていきます。ザレた登山道は風が強いので慎重に、
やがて階段を下り少し緩やかになると小太郎尾根分岐にでる。
DSC02020.jpg DSC02021.jpg DSC02022_20170908111553dc7.jpg
この辺り、右手に富士山、正面に鳳凰三山、左手の奥には北アの槍・穂高連峰が・・・見納めです。
小休止の後右俣コース合流点を草すべりへと下る。
DSC02026_2017090811233337c.jpg DSC02024.jpg DSC02025.jpg
この辺りはお花畑、ミヤマトリカブト、コウメバチソウ、オオヤマリンドウ等々が咲き乱れています。
流石に草すべりは花の宝庫です!
DSC02029.jpg DSC02030.jpg DSC02031.jpg
花に癒されながらダケカンバの林をを下り傾斜が緩やかになると目の前に白根御池とテントが見えてきました。
1日目に宿泊した白根御池小屋に8時前に到着。ここで30分ほど休憩、皆さんソフトクリーム、甘酒やおやつでホット一息です。
DSC02041.jpg DSC02046.jpg DSC02050.jpg
中間点でもある白根御池小屋を後に下山は大樺沢に向かわず小屋脇から広河原へと下ります。
最初は山腹を巻いてアップダウンの連続、、多くの梯子や針葉林を縫ってひたすら下ります。
第二ベンチを過ぎたところでアクシデント発生、女性会員さんが根っこにつまずき目に転倒、尖った石に前頭部を
打撲出血!すぐに傷口を消毒、鉢巻をし応急処置です。ザックをサブに預け、空身で下山するよう指示。
幸い出血も止まり、無事広河原山荘に下山した。
山荘で、早めの昼食を済ませ、広河原バスターミナルに移動。窓口で交渉して臨時バスを出していただき、北沢峠に。
北沢峠では連絡していただいたのでバスが待機していました。ほんとにありがたいことです。
仙流荘で3日間の汗を流し、まずはビールで乾杯で反省会です!
DSC02052.jpg IMG_4515_20170908113844b59.jpg 
DSC02057.jpg
今回の山行きで2名の負傷者がでましたことにショックを隠せませんが冷静に処置でき大事に至らなかったのが
幸いですがこの教訓をこれからの山行きに生かすようせねば・・・おおいに反省です。





 


スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

3日目拝見しました

お天気が良くて、皆さんの記念に残る夏山でしたね。

下りでは特に足元に注意ですね。大したことなくて本当によかったです。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索