明神山北方稜線~T字尾根縦走

明神山北方稜線~T字尾根縦走

11/23 ネットの山仲間、KENさん、てるみさん、M&Mさん達をお誘いして明神山北方稜線に。
昨夜までの雨が心配でしたが早朝に雨が上がり青空が広がる天気でホットしました。
取り付きから次郎岳までの急登は濡れて滑りやすく結構消耗したが太郎山からの縦走路は問題なくクリヤーで
展望の良いところからは紅葉が楽しめました。明神山まで3時間半費やしたが雨上がりでは安全第一で。
下山は西の小明神からT字尾根コースは流石にバリルートで手間取りましたが常連さんのロープの
取り換え等で整備されていたので無事下山できて感謝です。
流石にKENさん、てるみさん、M&Mさんは健脚で難なくバリルート走破で紅葉を楽しみ大満足の山歩きでした。
DSC02332.jpg


行程:8.1K 歩行時間 6時間30分(休憩含む)
明神湖北水道施設空き地(8:47)~次郎岳(9:50)~太郎山(10:30)~四等三角点(11:17)~五郎山(12:04)~
小明神(12:20)~明神山(12:36~13:08)~西の小明神(14:06)キツネのオブジェ(14:18)~T字尾根登山口(15:02)
~明神湖北水道施設空き地(15:17)
GPS概略図
明神山
明神湖の菅生ダム管理施設前でネットの山仲間、KENさん、摩耶山散歩さんと待ち合わせて合流、7人のパーテイで
北方稜線コースの登山口である県道411号線傍の水道施設空き地に駐車して登山準備。
まずは空き地より右に入り水場を渡って前に聳える次郎岳に向かって登山開始です。
コースを熟知したMさんを先頭に昨日の雨で濡れて滑りやすい急登を慎重に進みます。
DSC02284.jpg  DSC02285.jpg DSC02286.jpg
しばらく急登が続く急峻な岩場交じりの尾根筋を進むとやがて展望の開けれた場所で一息入れる。木々の間から明神山が
姿を表しますが、逆光のためうまく撮れません。
DSC02287.jpg DSC02290.jpg DSC02295.jpg
約1時間ほどでケルンの建つ次郎岳に。木々の間か明神山と七種薬師の姿が見ることが出来る。
ここで、トラブル!すぐに右に折れ太郎岳の尾根に進むはずが、目印に倒木があり見落として直進、すぐに気が付き
引き返して簡易のノコギリで倒木の枝を切り無事通過。開けた痩せ尾根からこれから進む小明神、明神山、西の小明神の姿が。
DSC02297.jpg DSC02298.jpg DSC02299.jpg
10:20太郎岳の三差路に到着、少し休んだ後、ザックを置いて太郎岳を往復。
三差路に戻って、五郎山方向に。難関の急峻な岩場の激下り、ロープを利用して慎重に下ります。
DSC02302_20171129175435176.jpg DSC02303_20171129175434e6d.jpg DSC02308_201711291754337dd.jpg
太郎岳からの展望=明神山方面
DSC02306.jpg DSC02307.jpg
痩せ尾根を越え四等三角点の建つ三郎岳に向かう。振り返ると次郎岳から太郎岳の黄葉が素晴らしい。
DSC02311_20171129175433e14.jpg DSC02312.jpg DSC02314.jpg
三郎岳(四等三角点589m点名:立船野)からはしばらくアップダウンを繰り返し大明神コースと合流点である五郎山に。
DSC02317.jpg DSC02318.jpg DSC02319.jpg
ここまでくると明神山へは指呼の距離だが・・・・まだまだアップダウンは続きます。
すぐに小明神に到着、小休止で息を整えて最後の岩場の登りに向かいます。
DSC02321.jpg  DSC02322.jpg DSC02324.jpg 
12:30山頂到着、直下の岩場には常連さん(山ちゃんグループ)が食事中、挨拶を交わして我々もランチタイム!
聞けば常連さんたちは矢張り裏明神の神社コースからの登山で下山はカジカコースとのことで一足先に下山された。
昼食後、山頂で記念写真を撮り下山準備、コースは西の小明神からT字尾根コースを目指します。
DSC02328.jpg DSC02327.jpg DSC02332_201711292025341c3.jpg
山頂より展望:奥に笠形山、七種薬師、七種山
DSC02329.jpg DSC02330.jpg
まずは山頂から9合目手前の目印をロープをまたいで右に折れ足元の不安定なザレ場に悪戦苦闘しながら下る。
DSC02334.jpg DSC02336.jpg DSC02337.jpg
振り返れば明神山がくっきりと見えます。ここでTさんが足の異常を訴えダウンです。足がつって・・痛み止めを飲み、しばらく
休憩、落ち着いたところで下山再開ですが西の小明神の手前で2度目のダウン、てるみさんのスプレー、Oさんのストレッチ
と・・何とか動けるようになり急登をクリヤーで小明神に。<彼はこんな出来事は初めてでキツイアップダウンで筋を痛めた
みたいで、でも次の日も元気に早朝登山を楽しんでいました。>
DSC02339.jpg DSC02340.jpg DSC02343.jpg
西の小明神から先ほど登った明神山を望む
DSC02344.jpg
ここからは下りが続きます。展望ポイントから次郎岳から太郎岳の稜線と痩せ尾根のT字尾根の遠望
DSC02346.jpg DSC02347_201711300954439a3.jpg
尾切れ(Ⅴキレット)とT字尾根の分岐点「キツネのオブジェ」に到着、今回はT字尾根の岩尾根を下ります。
DSC02348.jpg
対面に尾切れ(Vキレット)の岩尾根とT字尾根の核心部痩せ尾根を慎重に下り、紅葉の展望を楽しむM&Mさん、とKENさん
DSC02351.jpg DSC02352.jpg
DSC02353.jpg DSC02356.jpg
動画:☞2017-11/23 明神山T字尾根コース①
     2017-11/23  明神山T字尾根コース②  
岩尾根を越えるとまたまた激下り、ロープを使って降りると藪漕ぎ、またロープと繰り返しながら下ると明神湖の
林道が見えてきました。
DSC02359.jpg DSC02363.jpg DSC02362_20171130142449268.jpg
最後はまたロープの激下りのKENさん、てるみさん、最後まで慎重です!
林道に降り立つと仲間たちに笑顔が戻り、駐車位置までワイワイと山談義。
DSC02363.jpg DSC02367.jpg DSC02369.jpg
KENさん、M&Mさん、てるみさん、遠路からお越しいただき魅力ある明神山のバリコースを楽しんでいただき、
有難うございました。お疲れ様でした!



   
 





 










スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

ありがとうございました。

権兵衛さん

今日は、有難うございます。

常に、急登か激下りのバリルート、楽しく堪能させていただきました。

また、素晴らしい紅葉を楽しめました。

権兵衛さんとお仲間の方々に、感謝しております。

また、機会が有ればご一緒させてください。

裏明神ご苦労様

シンさんの奥様+壇特山の女性2名と山頂で皆様の到着をお待ちしていたのですが・・
寒くなり残念ながら下山してしまいました。←残念v-12

「明神山」レポ拝見

権兵衛さん、今晩は!
レポアップされたと摩耶山さん歩さんのHPで知りました。
岩場有り、アップダウン多し、藪漕ぎありとバリエーションに
富んだコースなようで、羨ましい限りです。
なかなかこちらで似たようなコースがなく、機会が有れば
歩いてみたいと思いますが、遠いのがネックです。
今のところは近場で目いっぱい時間を取りたいので
何時になるやら~です。。。
それでは明日から12月。。。。
降雪有れば雪の比良を当分満喫する予定です。
では又!

権兵衛さん ありがとうございます。

お疲れ様でした。
動画に 写真に 自分の後ろ姿が 多々あり
グループ山行ならではと拝見して 楽しい、楽しいです。
孫が バーバー頑張ってるねl! と 動画を拝見しました。
さすが 何度も歩いておられて どこをどう歩いていたか、
頭に入っておられますね。
楽しく拝見しました。
大変お世話になりました。
また いつかご一緒できましたならば 光栄です。
ありがとうございました。

レポート拝見しました

権兵衛さん、お忙しい中でレポート編集、お疲れ様でした。

いやー、皆さん歩き慣れておられるとは言いましても、緊張続きのアップダウン激しい山歩きですね。
皆さん写真写したりビデオ撮影されて余裕のある歩調に、感心いたいます。

軽快に歩かれる皆さんが羨ましいです。
動画は臨場感あってワクワクしました。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索