FC2ブログ
 

ラスト雪山は天児屋山に=アップです=

ラスト雪山は天児屋山に=アップです=

3/11 宍粟の残雪が気になり、調べるとちくさスキー場は40センチで一部滑走可能の情報でそれではと
昨年もご一緒したM夫妻と宍粟の天児屋山に出かけました。
ところが!うかつにも目覚ましのかけ忘れで寝坊をしてしまいMさんに遅刻の平謝り・・トホホです!
朝方は雪がチラチラでしたが、雪が締まっておりツボ足で快適に進むことができ、三国平を過ぎるころから天候が回復、
樹氷も見ることができ難なく天児屋山に到着。積雪は昨年の半分以下でしたがラスト雪山を楽しむことができました。
天児屋山より三室山(ガスがかかりイマイチの展望)
IMG_5446_20180311171020823.jpg
三国平(積雪は昨年の半分以下)
IMG_5426_20180313121124d5a.jpg
少しだけ樹氷が見れた
IMG_5430_2018031117101876d.jpg
行程: 7.8K 歩行時間: 3時間15分(休憩含む)
峰越峠駐車位置(9:45)~登山口(9:51)~江浪峠(10:30)~三国平(10:35)~天児屋山(11:14~11:40)
~登山口(12:59)~峰越峠駐車場(13:00)
GPS概略図
IMG_20170403_0001_20180311171840e96.jpg
行程: 7.8K 歩行時間: 3時間15分(休憩含む)
峰越峠(9:45)~登山口(9:51)~三国平(10:35)~天児屋山山頂(11:14~11:40)~登山口(12:59)~峰越峠(13:00)


天気予報は晴れマークなのにちくさスキー場に近づくにつれ曇ってきて怪しい天気に。道路には雪がなく
ちくさスキー場を過ぎ、峰越峠まで除雪されていたので峠手前で車を止める。先着の車4台あり14名の団体さん
が登山準備。先に出発されこちらも登山準備を済ませ出かけようとすると白いものがチラチラと・・・なんと雪が!
行けるところまで行こうと気を取り直し出発、雪が融け始め地肌の見えた登山口から尾根に取り付く。
IMG_5419.jpg IMG_5421_20180313121850475.jpg IMG_5422.jpg
急坂を上り県境尾根に出ると雪が締まって安定しているのでそのままツボ足で進むと先ほど先行された宍粟の団体さん
に追いつき先に行かせて頂いた。ブナ林も樹氷なしで雪がだいぶ融けているようだ。
朝の雪は締まって軽快に歩け、トレースを追ってブナ林を抜け自然林の広がる江浪峠に。周りを見渡すとお地蔵様の姿が。
積雪期に何度も歩いているが完全に顔を出しているのは初めてでやはりだいぶ雪融けが進んでるようです。
お地蔵様に登山の安全と東日本大震災の鎮魂をお祈り。
IMG_5423_201803131218499e7.jpg IMG_5424.jpg IMG_5425.jpg
ほどなく三国平に到着。ここまで50分、ツボ足だとやはり足が軽く速い!
標識はすべて露出して木々の根本は融けて凹んでいます。小休止の後、天児屋山へ進む。杉林を抜けると素晴らしい
雪原が広がり樹氷が残っておりテンションアップ!青空が少しずつ広がり展望を楽しみながら快適に登ります。
IMG_5426_20180313133326fb2.jpg IMG_5427_20180313131456ef2.jpg IMG_5429_20180313131455657.jpg
大きなつららがぶら下がって、樹氷が融け始めパラパラと時折落ちてきます。
IMG_5431.jpg IMG_5432.jpg
ブナ林を抜け緩やかな雪原を過ぎ尾根筋をひとつのピークを越えると天児屋山山頂に到着です。 
山頂には4~5人のグループが休憩中、時計を見ると11時すぎ、1時間15分で到着!少し早いがここでランチを摂ることに。
その間に3人組、また2人と登ってこられました。残雪を楽しみかな。
IMG_5430_2018031313374009b.jpg IMG_5434_20180313133739480.jpg IMG_5435.jpg
天候が回復しているようですが、正面の三室山はガスってよく見えないので展望をあきらめ下山します。
IMG_5437_201803131348012fb.jpg IMG_5445_201803131348018b6.jpg IMG_5446_201803131348007b7.jpg
ちくさスキー場~駒の尾山~後山の天空回廊もはっきりしません・・・残念!山頂を振り返り下山です。
IMG_5447_20180313134759134.jpg IMG_5449.jpg IMG_5450.jpg
せっかくスノーシューを持って来たのでここで装着してみたが足が重く、緩みシャーベットになり始めた湿雪に歩きづらい。
それでも沖ノ山の展望に癒されて三国平、ブナ林を抜け、県境尾根に戻ったとこでスノーシューを外し、泥んこになった
登山口に戻った。
朝はガラガラだった斑模様のちくさスキー場はボーダーやスキーヤーでまだ賑わっています。駐車場も車がズラリと。
帰りに、ちくさ「エーガイヤ温泉」(65歳以上は@200円)で入浴して汗を流して反省会、お疲れさまでした。
IMG_5451_20180313135926188.jpg IMG_5452_2018031313592618e.jpg IMG_5453.jpg
朝はガラガラだった斑模様のちくさスキー場はボーダーやスキーヤーでまだ賑わっています。駐車場も車がズラリと。
帰りに、ちくさ「エーガイヤ温泉」(65歳以上は@200円)で入浴して汗を流して反省会、お疲れさまでした。











スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

権兵衛さん 大山から帰還後、もう 次の雪山でしたか。
今季も 雪山満喫されましたねっ!
三室山が望め 樹氷も楽しまれたようですね。
すばらしいー★
頑張られましたねー★

孫と歩いたコースは たぶん 5時間弱で 歩けるかと思いますが
なにしろ 休憩が多く 6時間半もかかりました。
私もよく歩いたと思います。
家族が待機していてくれたので 疲れた時は 有馬街道 大師道 大龍寺などに
むかえに来てもらえると 思えるだけで気が楽でした。
頑張りました。担任の先生にも連絡帳で報告
ほめていただいたそうで よかったです。

今までは主人と一緒に歩きましたので
一人で一緒に歩いたのは初めてですが
お守りが大変でした。
私の 気長モードが 切れそうでして、、(あはは、、)
我慢 我慢の 修行ででございました。
お察しいただきまして、ありがとうございます。(^^)

こればかりは 個性がありますから 仕方がないですね。
また 違う時期に おじい様と歩かれるようになられるかもしれませんしね。
我が家もいつ いやになるか、、判りませんです。
とりあえず、彼は 富士山をめざしておりまして、、(^^)
練習あるのみです。
素敵なお写真をありがとうございます。

レポ続きをまっております。

レポート拝見しました

権兵衛さん、今年も雪の山を堪能されましたね。
三室山をご覧になれて、雪原と樹氷が残って足も完全復帰でよかったですね。

これからは春のお花巡りですね。次はどこへ行かれるのでしょう?
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索