ちくさスキー場より三国平~天児屋山へ

ちくさスキー場より三国平~天児屋山へ

 1/16 今年の雪山初登山は氷ノ山を狙っていたのですが、雪の状態と天候不順のため、あきらめてちくさスキー場より天児屋山に山友3人で出掛けました。普段の日とあってスキー場はガラガラでくるまが数台止まっているだけでした。天児屋山はマイナーな山と新雪のためトレースがはっきりしていなかったのですが、後から来られた宍粟ガイド倶楽部のYさんがもたついている我々より先行されトレースを付けて頂いた。仲間のYさんは、スノーシューで私とOさんは、ワカンで足を何度もとられて四苦八苦、フクラハギが悲鳴でしたよ。ちなみに先行されたYさんもノーシューでしたよ。改めてスノーシューの威力を見せ付けられました。、<ワカンみたいに沈まない>
三国平を過ぎる頃から晴れていた空が曇り始め天児屋山に着いた時は雪が舞い始め風もあったのですぐさま下山にかかり、峰越峠手前の東屋まで歩き続け、ここでようやく昼飯をとりましたよ。<熱いうどんでホット一息でしたよ>
 今年は、例年より積雪が少ないのかな、樹氷も少なく、三国平をすぎてからようやくみることができました。モンスターもまだ駄目でしたよ。もう少し雪が締まってからの方が良いですね。


往路:自宅からYさんの車でちくさスキー場駐車場へ 約2時間
復路:同上往復(途中、エーガイヤで入浴含む)   約2時間30分

行程:歩行時間 5時間30分

駐車場(9:30)峰越峠(10:00)三国平(11:30)天児屋山(12:50)三国平(13:40)東屋(14:35-15:10)駐車場(15:35)
天児屋山-2

IMG_2638.jpg IMG_2639.jpg IMG_2640.jpg
ちくさスキー場は平日とあってガラガラで駐車している車も数台でした。
ラドンの泉付近からは除雪されてなく、うっすらと残るトレースを辿ってズボ足で長義山の分岐まで歩く。
IMG_2643.jpg
ワカンを履いていると、後ろから登山者が来られた。
宍粟ガイドクラブのYさんでした。やはり天児屋山へ行くとのことでしばらく一諸に歩く。
林道から、天児屋山が見える。
IMG_2644.jpg IMG_2645.jpg
峰越峠から東屋へ。ここでYさんは、もたついている私達と別れ、先行されて行かれた。
登山道への取り付きは初めから急登で、ワカンの我々は、新雪に足をとられて四苦八苦する。スノーシューを履いた仲間はスイスイです。
IMG_2647.jpg IMG_2648.jpg
私のワカンと仲間のスノーシューです。
IMG_2649.jpg IMG_2652.jpg
樹林の中をしばらく進むと千種川支流の標柱があり、ここを右折してトレースの後を三国平へ向かう。
IMG_2653.jpg IMG_2654.jpg
このあたりから樹氷が見え始める
IMG_2655.jpg IMG_2656.jpg
江浪峠を越えてさらに進む樹木の間から沖ノ山見える
IMG_2657.jpg IMG_2658.jpg
やっと、三国平に到着
IMG_2661.jpg IMG_2662.jpg
木々の間から氷ノ山が見えた。ブナ林をさらに進む。
IMG_2664.jpg IMG_2665.jpg
まだ雪の量が少ないのかモンスターになっていない。
この付近で、先行されたYさんと遭遇。三国平より先はトレースがないので引き返そうかと思ったが、苦労して頂上まで行かれたとのことでした。お礼を言って我々も山頂へ向かう。
IMG_2666.jpg IMG_2667.jpg
やっと頂上に着いた。しかし、天候が崩れ始めて風が出てきた。<正面には三室山が見える>
雪がちらついてきたので、急いで下山する。
IMG_2673.jpg IMG_2676.jpg
山頂からほとんど休まず東屋まで戻ってきた。ここで遅い昼食<うどんをこしらえて温まる>
コーヒー飲み、ちくさスキー場に戻る。<帰りにエーガイヤの立ち寄り、風呂で疲れをいやしました。>
今回の山行きは、新雪のラッセル本当にしんどかった。体力のなさを痛感しましたよ。宍粟ガイドクラブのYさんに先行してトレースをつけていただいたおかげで無事登頂し、下山出来ました。本当に有難うございました。
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

権兵衛さん、こんばんは。

スタート時は素晴らしい青空も山頂が近付く頃には曇り空は残念でしたが
新雪に足をとられながらも樹氷も見られ、ノートレースも先導され無事登頂おめでとうございます。
当方も三国平迄は歩いたのですが、その先ノートレースの上にアセビの藪で断念でした。
何時か権兵衛さんのレポを参考に歩いてみたいです。

権兵衛さん、こんにちは
天児屋山、きれいな雪でよかったですね
ワカンははいたことがありませんが、
スノーシューに比べて負担が大きいようですね
頂上から一気に降りて、遅い昼食でしたか
でも雪山で天候が崩れると命取りになりかねませんからね
私達は週明けに予定しています、雪は如何ですかね
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索