若桜スキー場から氷ノ山へ <初めてのスノーシュー登山>

若桜スキー場から氷ノ山へ <初めてのスノーシュー登山>

1/31 狙いどおりに素晴らしい晴天に恵まれたのですが、気温が高すぎて汗だくの登山となりました。積雪量も例年より少なく樹氷も溶けているところが多く、モンスターもできていなかった。購入したスノーシューを履いた感想は、若桜スキー場からリフトを乗り継いで取り付きからの急登も難なくこなし、三の丸あたりは快適そのものでしたよ。リフターの威力はさすがです。<足への負担がすくない>但し急斜面の下りはつんのめって滑りやすい。。安全を考えて、山頂からコシキ岩をトラバースまでは、アイゼンを使用し、またスノーシューの履き換えた。氷ノ山越からスキー場への下りは樹林地帯の激下りは、スノーシューで二度滑って尻もちをつきましたよ。急な下りは難しい。馴れていくしかないですね。(仲間4名で登山)


往路:自宅から29号線で若桜スキー場へ 2時間20分
復路:スキー場から途中波賀温泉「楓の湯」~自宅 3時間

行程 歩行時間:5時間

若桜スキー場(9:10)リフト降り場(9:27)三の丸(10:50)山頂(12:05~12:50)氷ノ山越(13:50)
氷ノ山命水小屋(14:40)駐車場(15:10)

IMG_2787.jpg IMG_2788.jpg IMG_2789.jpg
若桜スキー場駐車場はすでに5.6台の車が止まっており、ボードの人たちが準備をされていました。
準備を整えてからスキー場へ歩く途中、凍結しているので注意と話してた矢先、自分が転倒してしまい情けなかった。木を持ち直して、登山届を出してリフト乗り場へ。
IMG_2790.jpg IMG_2791.jpg
リフトを2本乗り継いで、取り付き点で、スノーシューに履いて登山準備。私とYさんは、スノーシュー、2名はアイゼンを装着です。
IMG_2793.jpg IMG_2795.jpg
取り付き点から急登の尾根をグイグイとスノーシューで快調に登っていきます。温かいせいか樹氷が溶けています。IMG_2796.jpg IMG_2797.jpg
尾根から、ブナの林に抜けてきました。ここは、あまり溶けていないようです。
IMG_2799_20130206124721.jpg IMG_2800_20130206124841.jpg
西側を振り帰ると真っ青な青空に白い大山が。このあたりから氷ノ山山頂が見えてきました。
IMG_2798.jpg IMG_2801_20130206124720.jpg
広い雪原を快調に登っていく仲間達。 少しだけのエビのしっぽ。
IMG_2802.jpg IMG_2803.jpg IMG_2804.jpg 
三の丸コースの看板と展望台に到着
IMG_2806.jpg IMG_2807.jpg
展望台から少し登ると避難小屋が見えてきた。
IMG_2810.jpg IMG_2811.jpg IMG_2814_20130206132953.jpg
三の丸に到着、ここで、スキー場へ下山される登山者と初めて出会った。
雪が深くなっってきたので、アイゼン組はワカンへ履き替え。
IMG_2821.jpg IMG_2822.jpg
モンスターはまだ早いのかな?もっと冷え込まないとだめですね。
IMG_2824.jpg IMG_2823.jpg
ブナの林を抜け、ピークを越えると山頂がみえてきた。
IMG_2825.jpg IMG_2827.jpg
山頂の避難小屋が大きくなってきた。山頂の避難小屋に入ると、偶然にも但馬山遊会のYさん一行が食事を終え、出発準備をされていました。「東尾根からの往復」されるそうだ。
IMG_2828_20130206135948.jpg IMG_2829.jpg IMG_2830.jpg
小屋で昼食後、アイゼンに履き替えて最大の難所であるコシキ岩にむかう。右に鉢伏スキー場が見えてきた。
IMG_2831.jpg IMG_2832.jpg
コシキ岩直下をトラバース、雪が少なくブッシュが出て踏み跡もなく悪戦苦闘です。慎重に横切り、ホッと一息見上げるとコシキ岩の雪はやはり少ない。
IMG_2833.jpg IMG_2834.jpg IMG_2835.jpg
左手に東山を見ながら稜線を氷ノ山越をに向かう。途中振り返ってコシキ岩を見る。
IMG_2836.jpg IMG_2837.jpg IMG_2838.jpg
ブナの林を抜けていくと赤倉山が正面にみえてきた。避難小屋はもう少しだ。
IMG_2839.jpg IMG_2840.jpg
山頂から1時間、避難小屋に到着。
IMG_2841.jpg IMG_2842.jpg
避難小屋からの山頂。やはり雪が少ないようだ。
IMG_2843_20130206144448.jpg IMG_2844.jpg IMG_2845.jpg
氷ノ山越から急な樹林地帯を下ってスキー場に向かう。スノーシューが滑って2回も尻餅ををつく。
急な下りには無理なのか。アイゼンの方がよいのかな?
IMG_2846.jpg IMG_2848.jpg 
無事に氷ノ山命水小屋に降りてきた。ここから舗装された道を駐車場に帰る。駐車場は大分車が増えていました。
初めてのスノーシュー登山は、快適であったが、雪の状態が良い時期にもう一度来て見たい。
帰りに、波賀温泉「楓の湯」に寄り、汗を流して帰宅。


スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

権兵衛さん、日曜日は会でアイゼンの講習会をされたのですね
権兵衛さんは既に使用されているので、先生になって教えられたのかな?
私も今シーズンは既に4回もアイゼンを使用していますよ
でも未だにワカンと、スノーシューの出番は無です
今週の土曜日と来週に初めに雪山へのお誘いがあるのですが、今回も天候の関係でどうなるのかな?
山仲間と2日、4日に計画した雪山は中止となりましたが、合間の3日は天候が良かったので金剛山に一人で行ってきました
昨年に続き、雪が多く氷ノ山コシキ岩のトラバースを歩かれたのですね

こんにちは
きれいな写真とで上手くまとめられていますね
いろいろ推考されてるのですかね

雪景色にはやはり青空が映えますね
スノーモンスターにもう少し雪が被っていると文句なしでしたね
こしき岩を巻くのにはわれわれも苦労した経験があります
温度が上がって氷ノ山越えからの下山に雪崩の心配はありませんでしたか
スノーシュー、今シーズンまだまだ履かれるのでしょうね

権兵衛さん、こんにちは!
氷ノ山は歩行5時間といっても雪の季節は結構上級コースですね。
>氷ノ山越から急な樹林地帯を下ってスキー場に向かう
ここが難関ですね。

無事にスノーシューと仲良くされて、アイゼンと使い分ける
タイミングもバッチリですね。
青空と雪、すばらしい景色をありがとうございました。

権兵衛さん、氷ノ山レポの完成版を拝見しました
最高の天気の中を歩かれていますね
スノーシューですが、急登でも難なく登れてしまうのですね
張り付けていただいたスノーシューの写真を見ると、私のに比べると滑り止め部分が多く、当然、急な登り下りにも対応できますね
私のスノーシューの周囲はパイプで、滑り止め機能はありませんが、権兵衛さんのスノーシューは周囲だけでも十分滑り止めが効いていますね
この連休は滋賀県の赤坂山へのお誘いがあるのですが、お誘い者はマキノスキー場は積雪0cmでスキー場は閉鎖ということで、行くかどうか悩んでいます
その後も、比良への再挑戦の話もあるのですが、こちらも雪が少ないようで、朽木スキー場は雪が無いため閉鎖中です
権兵衛さんは、戸倉峠から赤谷山へのスノーシュー登山を計画ですか
あのあたりだと雪は多そうですね

権兵衛さん、見事な氷ノ山の景色をありがとうございます
雪山シーズンですが、当方は良い天候での行き山歩きが出来ていません
明日は当初比良から赤坂山、金剛山と計画変更し、結果、三峰山へ行くことになりました
そして第2弾の比良登山は、同行願う山仲間と相談の結果予報が雪のため中止としました
なかなか良い天候での山歩きが出来ていません
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索