湖南アルプスの主峰太神山から矢筈ヶ嶽

湖南アルプスの主峰太神山から矢筈ヶ嶽

3月16日会の定例行事で湖南アルプスの主峰・二等三角点のある太神山から矢筈ヶ岳へ。山頂には室町時代の古刹「太神不動寺」があり、本堂は、巨大な花崗岩の上に建ち、横には胎内くぐりの巨岩もあり山岳仏教が栄えた山でもある。田上公園から天神川沿いの参道は整備されており、迎え不動、泣き不動、二尊門の二童子等の石仏見ながらゆっくりと歩けました。山頂へは石の階段183段を息を切らして登ると巨岩の上に建つ本堂からすぐですが、展望はなく、本堂入口の境内で、食事。矢筈ヶ岳は、少し戻って分岐から、登山道をアップ、ダウンを繰り返し登山道を山頂を目指す。頂上はわずかに宇治方面の展望が見えただけ。下山は笹間ヶ岳への分岐を御仏河原へと向かう。アルプスと呼ばれるに相応しい変化に富んだ荒々しい岩場進むと富川道出会いに出る。アスファルトの林道を田上公園へもどる。天候も良く暖かい一日で、ゆったりとした山歩きを楽しみました。でも、展望は霞んで駄目でした<黄砂もあるかな?>花粉の方は、あまり影響がなく時折くしゃみ程度でしたよ。


往路:JR網干駅(6:30)-名神-京滋バイパス石山IC-田上公園(8:50)2時間20分 
復路:田上公園(15:10)-草津湯元「水春」入浴」-名神瀬田西IC-JR網干駅(19:20)2時間50分

行程:歩行時間 約5時間
田上公園(9:10)迎不動(9:55)矢筈ヶ岳分岐(10:53)太神山(11:30)不動寺本堂入口(11:38-12:10)矢筈ヶ岳分岐(12:29)矢筈ヶ岳(13:15-13:22)御仏河原(14:10)田上公園(15:00)
        IMG_20130320190706.jpg

    IMG_3055.jpg  IMG_3056.jpg  IMG_3057.jpg
田上公園に到着。ここで登山準備、ストレッチで体をほぐして登山口へ向かいます。
IMG_3058.jpg IMG_3059.jpg
アルプス登山口にある指標と大きな絵地図
IMG_3061.jpg IMG_3062.jpg
天神川を渡り右岸沿いを進むと富川道出会にでる(左:不動寺 右:笹間ヶ岳、矢筈ヶ岳方面)
IMG_3063_20130320193020.jpg IMG_3066.jpg
迎不動を過ぎると車両通行禁止のゲートの脇を通って不動寺登山道へ
登山者がゲート前で体操をされていた。
IMG_3067.jpg IMG_3068.jpg
不動寺に向かう指導にしたがって右にとり、アスファルトの林道から登山道へ
IMG_3069.jpg IMG_3071.jpg
登山道より、堂山方面の展望
中不動から泣き不動へに向かう。
IMG_3073.jpg IMG_3074.jpg
少し登って行くと泣不動にでた。
IMG_3077.jpg IMG_3078.jpg
泣不動からすぐの矢筈ヶ岳分岐を通り過ぎ、不動寺二尊門に進む。
IMG_3079_20130320215239.jpg IMG_3080_20130320215239.jpg
二尊門には不動明王の眷族の二童子が迎えてくれる
IMG_3081_20130320215239.jpg IMG_3083.jpg
奥の六地蔵を過ぎると、すぐに山門をくぐり境内へと進む。
IMG_3084.jpg IMG_3086_20130320220147.jpg
境内で一息入れて、本堂への183段の急な石段を登る。
IMG_3087.jpg IMG_3096.jpg
立派な1本杉が階段の傍に  巨岩に建てられた本堂を仰ぎ見る・・圧巻です。
IMG_3088.jpg IMG_3090.jpg
本堂の脇には胎内くぐりができる大岩ある。
IMG_3092.jpg IMG_3095.jpg
胎内くぐりをする会員たち。     太神山山頂には二等三角点があるが、展望はなくすぐに本堂境内に引き返す。
IMG_3097.jpg IMG_3098.jpg
境内で昼食後集合写真を撮り、矢筈ヶ岳分岐まで戻り、標識を左へ山道に入る
IMG_3101.jpg IMG_3103.jpg
すぐに急登があり、その後アップダウンを繰り返しながら最後の急登を登りきると山頂である。
IMG_3104.jpg IMG_3105.jpg
矢筈ヶ岳山頂は、狭く展望も南面の宇治方面が見えるだけで、すぐに下山
IMG_3107.jpg IMG_3108.jpg
倒木が多い荒れた急斜面を下って笹間ヶ岳の分岐に出るが、標識が見当たらず分かりにくい。
IMG_3109.jpg IMG_3112.jpg
滋賀県では最古と言われる御仏の堤   ここからは、滑りやすい岩場が続いており慎重に降る。
IMG_3113.jpg IMG_3115.jpg
河原をどんどん降って行く仲間達
IMG_3116.jpg IMG_3114.jpg
両側にはアルプスの名に恥じない荒らしい岩場が待ちうける。
   IMG_3117.jpg  IMG_3118.jpg  IMG_3119.jpg
岩場を抜けると広い緩やかな道となり、富川道出会いに出る。、アスファルトの林道を20分程歩くと
田上公園に戻ってきた。












 



 



スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

こんにちは
定例行事、お疲れさんでした
檀特会、いつも盛況でいいですね
世話役の方々のご苦労の賜物でしょう

太神山から矢筈ヶ岳、歴史のある信仰の山のようですね
いろいろと変化があって楽しそうですね

No title

権兵衛さん、花粉症は良くなられましたか?

太神山から矢筈ヶ岳のレポート拝見しました。
いつも大勢さんで足並みもそろってよく歩かれてますね。
岩場があって変化のあるアルプスらしい山でしたね。

4月はどこへいかれるのでしょう。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索