セッxxを求めて  

セッxxを求めて  

5/25 先週に引き続き近隣の里山にセッコクを見に出掛けました。
猪猟師のMさんに誘われて禿山へ。お目当てのセッ**は岩壁にへばりつくように咲いていましたが、岩場の上にあったものは盗掘されていました。残念ですね

IMG_3644.jpg




行程 歩行時間 3時間15分(昼食、休憩含)

駐車場(8:55)神社(9:00)寺院跡?(10:08)山頂(10:42)下山(12:10)

 IMG_3612_20130601185625.jpg  IMG_3613.jpg  IMG_3617.jpg

道路脇の空き地に駐車、目の前にハゲ山が見える。登山準備を終えて、登山口に歩きだす。
すぐに、大イチョウのある神社へ。

 IMG_3619.jpg  IMG_3623.jpg  IMG_3626.jpg

265段の石段を登ると神社があり、裏手より登山道へ。のっけから急登が続く。

 IMG_3628.jpg  IMG_3634.jpg  IMG_3633.jpg

喘ぎながら尚も急登が続く登山道に寺院跡?石を積んだ様な跡。ギンリョウソウがひっそりと咲いていたが、まだ頭をもたげていなかった。

 IMG_3635.jpg  IMG_3636.jpg 

  IMG_3644_20130601192702.jpg

急な岩場が続くようになり、さらに登り詰めるとセッXXの咲いている岩場に出た。しかし、下の方にあるだけで、数年前に自生していた上の方には無く盗掘されたようだ

 IMG_3646.jpg  IMG_3647.jpg  IMG_3645_20130601192513.jpg 

急峻な岩場をまいて少し登って行くと三角点に出た。ハゲ山の山頂は展望はなくすぐさま引き返して岩場で早い昼食を摂ることにした。

IMG_3651_20130601210549.jpg IMG_3652_20130601210548.jpg

下山は、元の道を下って行く。昔、伐採を行なったいた時のワイヤーが巻きついたまま残されているスギ林を過ぎ、モミの木が生え茂る滑りやすい急坂を慎重に下って行く。体にモミの木の葉が当ってとても痛い。

  IMG_3657_20130601210548.jpg   IMG_3658_20130601211522.jpg

それでも、一気に下って神社裏に帰って来た。対岸に駐車した場所が見える。
今回はあまり見られない花を見ることができて満足ですが、どんどん減っていくのを見ると盗掘は絶対止めてほしい。レポも情報を提供するにしても場所の特定は極力避けるべきですね。











スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

No title

こんにちは
セッ××とはいいですね~
今は人手の届くところは勿論、
カメラでもとらえ難いほど遠くになってしまいましたね
権兵衛さんのカメラ、かなり高倍率なのですかね
私も出かけてみたくなりました、
でも入梅ですし、ヤマヒルはどうなのですかね

No title

権兵衛さん、姫路市ではセッコクの展示会なども開催されているのですね
貴重な花なので大事に守ってほしいです
でも発掘をされる方はどのような思いでとって行かれるのでしょう
権兵衛さん、今度は比婆山系の牛曳山へミヤマヨメナを見にお出かけ予定ですか
これからは色々な花を見れる季節なので、花を求めて山歩きが出来ますね

  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索