涼を求めて有馬の滝巡り  

涼を求めて有馬の滝巡り  

 8/10 約1ヶ月ぶりの山行き。うだるような暑さの中、涼を求めて仲間5人で有馬の滝を巡ってきました。
六甲ロープウエイの駐車場へ8時過ぎに到着、すでに5、6台駐車されてた。
今年は、雨が少ないので、どこの滝の水量は少なかったですが、それでも涼感はありましたよ。イワタバコはすでに盛りは過ぎていましたが見ることができました。紅葉谷道から白石谷を遡行し、一軒茶屋往復し、金の湯で入浴でした。

IMG_4022.jpg
           
         イワタバコ  盛りを過ぎたためか、色合いがよくない?

往路:自宅~有馬口~六甲有馬ロープウェー駐車場 1時間10分
復路:往路を帰る                1時間20分


行程:歩行時間 5時間(休憩含む)

駐車場(8:20)白石谷分岐(8:58)七曲滝(9:12)百間滝分岐(9:51)白石滝(10:20)
白龍滝(10:48)吉高神社(11:38)一軒茶屋(11:42~12:05)炭屋道分岐(12:45)駐車場(13:10)

  IMG_3996.jpg  IMG_3997.jpg   IMG_3999.jpg



今回は、去年、白石谷を遡行中、大安相滝付近で標識を間違えて、いくつか砂防ダムの堰堤を越え、薮漕ぎして魚屋道に辿り着いた苦い経験のリベンジ。また、七曲滝と蟇滝から蜘蛛滝に廻るコースを登ることに。
 六甲有馬ロープウエー駐車場(600円)から スタート。紅葉谷道を進んでいくと魚屋道に通じる炭屋道分岐に。
シチダンカの看板があたりは群生地であるが、花は時期が違うので・・・。

  IMG_3998.jpg  IMG_4002_201308141724451d9.jpg  IMG_4003_20130814172445fec.jpg

湯槽谷分岐の手前は工事中で、巻き道を進んで白石谷第二堰堤で一息入れる。その横には、目的の一つであるイワタバコが咲いているではないか。

  IMG_4004.jpg    IMG_4006_2013081417342996a.jpg

白石滝への分岐を後に、七曲滝へ向かいます。まず、蟇滝を通り七曲滝へ。

 IMG_4009.jpg  IMG_4008.jpg

今年は雨が少ないせいか水量が少なく感じる。しかし近づいてみると涼感がありましたよ。岩場にはびっしりとイワタバコが咲いています。

IMG_4012_2013081510462067b.jpg IMG_4013_20130815104619952.jpg

少し戻って、テープを頼りに蜘蛛滝に向かうが、踏み跡がうすく、わかりにくい。周囲を確認しながら荒れた岩場を登って行くといくつかの小滝の奥が蜘蛛滝だ。

IMG_4014.jpg IMG_4015_20130815104618996.jpg

蜘蛛滝から古いロープを目印に七曲滝の上部へは、倒木と薮漕ぎで道なき道を進んだが、結局よくわからないまま崩れた後の谷の上部を抜けると紅葉谷道に出た。百間滝への分岐のすぐ上だった。<ここは要注意です。>

IMG_4016.jpg IMG_4017.jpg

百間滝の上部からを覗いた後、下に廻り、白石谷へ向かいいます。

IMG_4019.jpg IMG_4021_20130815113906df9.jpg

渓流沿いの両岩壁にもびっしりとイワタバコが群生しています。

IMG_4022_2013081511390286c.jpg IMG_4024.jpg

ゴルジュ付近もあまり水量がありません。ここから白石滝に向かいましょう。

IMG_4028.jpg IMG_4029.jpg

兵庫登山会の標識が破損して下に落ちていたのを拾い立てかけておきました。(どうも杭が折れている見たい)
白石滝を眺めしばし休息。ここから迂回路で白龍滝にむかう。ここで初めて登山者(5.6人のグループ)と出会う。

IMG_4030.jpg IMG_4032.jpg

景観の良い白石谷を詰めて白龍滝の手前で声が聞こえてきた。我々と同じ年代の6人グループさんが先行されていました。聞くと加古川、姫路よりのこと。檀特山もご存知のようだった。白龍滝で集合写真を撮り、う回路を大安相滝に向かう。

  IMG_4033.jpg   IMG_4034.jpg   IMG_4040.jpg

渓谷を見ながら進んでいくと小さな滝をいくつかやり過ごすと小安相滝の標識を発見したが、周辺に滝らしきものはない。大安相滝は何処だ?前回も良く分からなかったので不安に・・。テープを発見堰堤を迂回して進むと六甲への小さな道標あり、なおもスギ林の笹原を進むと急坂が待ちうけている。しばし休憩をとり急坂を登りきると魚屋道に出た。<白石谷への矢印の表示板が掛けてあった。>

  IMG_4039.jpg   IMG_4041.jpg   IMG_4042.jpg

吉高神社を経て、一軒茶屋に到着。ここで昼食を採り休憩後、六甲最高峰に寄らず、魚屋道から途中、炭屋道に入り、紅葉谷道に降りて駐車場に戻った。帰りは「金の湯」で汗を流しゆっくりと入浴。
今回も途中に道迷いを起こしたがなんとか達成したが、蜘蛛滝から紅葉谷道にでるのが必死で疲れ、せっかくの涼感が失われ、汗みどろの歩きでした。もう少し調べていくべきであった。
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索