和気アルプス天神尾根~小屏風岩・大屏風岩~チンネ・スラブ~東平尾根・鎌尾根へ

和気アルプス天神尾根~小屏風岩・大屏風岩~チンネ・スラブ~東平尾根・鎌尾根へ

4/18 和気アルプス天神尾根~小屏風岩・大屏風岩~チンネ・スラブ~東平尾根・鎌尾根へ
快晴、汗ばむ位の陽気で、前回11月に続いて和気アルプスへ。(私と仲間4人)
往路・復路 網干~和気由加神社 1時間
行程
由加神社(8:20)天神尾根登山口(8:35)穂高山(9:07)涸沢峰89:12)ジャンダルム(9:24)奥の峰分岐(9:35)小屏風岩・大屏風岩・鷲の巣岩(11:15~11:45)山の学校跡(12:00)・チンネ・スラブ(12:20)チンネの頭先端(12:35)東平尾根分岐(12:45)鎌尾根(13:06)鎌尾根登山口(13:20)由加神社(13:45) 歩行時間(4時間55分)
01.jpg
地図は和気在住の藤本氏のHPより参照

IMG_1251.jpg
IMG_1252.jp<br />g
由加神社境内に駐車して西へ天神尾根登山口を捜しながら進むが、見当たらないので、村の人に教えてもらい登山口へ(坂道の途中を右に竹籔に入る)

IMG_1254.jpg
IMG_1256.jpg
IMG_1257.jpg
薬師堂を過ぎると、シカよけネットと入口から登山道へ。ミツバツツジが満開です。
IMG_1260.jpg
天神尾根ピークより振り返ると和気富士が正面右に
IMG_1262.jpg
穂高山への急な登り
IMG_1263.jpg
竜王山が右手に見えてきました。今回は登りません
IMG_1266.jpgIMG_1268.jpg
IMG_1269.jpg
奥の峰を下った脇道を下って小屏風岩への縦走路を捜すがハッキリわからないが、かろうじて靴幅の道?を慎重にトラバース。(鎖も手掛かりの樹木もない岩壁にハーケンが残されていた。登攀か確保に使用かな?)大屏風岩への取り付きに出るも崖っぷちで、周辺をウロウロ・・1時間のロス諦めて縦走路に戻り、鷲の巣岩で昼食。
IMG_1273.jpg
鷲の巣岩からの下山中、さっきウロウロした大屏風岩が見えました。岩の上部をトラバースの予定だったが・・
IMG_1274.jpg
IMG_1275.jpg
山の学校跡に下山し、もう一つの目的であるチンネ・スラブの大岩壁へ挑戦(斜度35度、約100m)
手掛かりが良く三点確保で登っていくが上部がまったく見えない。
IMG_1276.jpg
IMG_1278.jpg
息を切らして登りきるとチンネの頭がそそり立つ 
左手には、迫力ある鷲の巣岩が
IMG_1280.jpg
チンネの頭で記念写真
IMG_1281.jpg
IMG_1282.jpg
チンネの先端へ登っていく仲間
IMG_1283.jpg
IMG_1284.jpg
東平尾根から最後の岩場鎌尾根に到着
痩尾根の急登を下る。左に奥壁が見えるが、展望所への道を見過ごしてしまった。
IMG_1286.jpg

下山して、和気中学校からの鷲の巣岩とチンネ・スラブ。

由加神社に戻り、鵜飼谷温泉にて反省会、疲れを癒しビールで乾杯
小屏風岩、大屏風岩を走破できず、また奥壁の展望所を見逃したこと・・次回再挑戦です。
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

迫力ある岩場ですね

 確かに、チンネスラブはまるで壁をよじ登る感じですね。上部は見えないし、下を見るとよくぞ登ったなと言う感じですね。
もう一度残した宿題にチャレンジです。でも暑くなるとばてるでしょうから5月一杯か、11月以降ですね。

今日は強風が

権兵衛さん、今回の強風と雨で会の行事である最勝ヶ峰登山が中止となったのですね
これだけの風雨だと安全のために中止は仕方がないですね
24日に急きょ最後の雪山計画をたてられ、大山へお出かけされるのですねか
張り付けていただいた新聞記事の写真を見ると避難小屋の屋根は見えていますがまだ建物への出入りは出来ませんね
当日の天気予報は晴れなので素晴らしい雪景色が見れそうですね
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索