晴天の大山に アップしました!

晴天の大山に アップしました!

3/17 素晴らしい晴天の下、大山へ。メンバーは、宍粟ガイドクラブのYさんと山仲間のOさんの3名。
例年にない積雪で、しかも融けはじめていて重い雪に悪戦苦闘でした。
しかし、山頂からの真っ白な剣ヶ峰は最高でした。
残念ですが、黄砂とPM2.5で日本海の展望は霞んで見えませんでした。

IMG_5102.jpg

              大山剣ヶ峰ー取り付いている人が見えるー

IMG_5099.jpg

               弥山山頂に向かうYさんとOさん 

往路:自宅(6:00)~R29~中国道~米子道~溝口IC~駐車場(8:40) 
復路:駐車場(15:10)~大山レークホテル(入浴)~溝口IC~米子道~中国道~自宅(18:30) 




行程:歩行時間6時間5分(休憩含)
駐車用(8:50)5合目(10:10)6合目避難小屋(10:30~1040)8合目(11:20)
頂上避難小屋(11:40~12:15)弥山(12:45~12:40)6合目(13:10)行者谷分岐(13:26)
元谷小屋(14:00)大神山神社(14:25)駐車場(14:55)

IMG_2014032115333710c.jpg

自宅からどんよりとした空模様で、山崎ICから中国道に入ると佐用~落合ぐらいまで濃霧のため
視界不良でしたが、蒜山SA付近から晴れあがり楽しい楽しい山歩きが期待したのですが、
枡水原の気温は何と6度!これは暑くなりそう!いやな予感だ。

IMG_5053.jpg IMG_5142_20140320184233109.jpg IMG_5055.jpg


自宅からどんよりとした空模様で、山崎ICから中国道に入ると佐用~落合ぐらいまで濃霧のため
視界不良でしたが、蒜山SA付近から晴れあがり楽しい楽しい山歩きが期待したのですが、
枡水原の気温は何と6度!これは暑くなりそう!いやな予感だ。
いつもの南光河原駐車場に到着。平日だがすでに沢山の車が止まっていた。
駐車料金500円を払い、登山届を提出して駐車場の奥から夏山登山道に。

IMG_5057.jpg IMG_5058.jpg IMG_5061.jpg

登山道は、積雪量がかなり多く、しかも融けはじめて重い雪。坪足でのまま登っていくことにする。

IMG_5067.jpg IMG_5063.jpg IMG_5068.jpg

5合目到着、先行の方がアイゼンの準備をされていたので私とYさんも付けることに。Oさんは坪足で
もう少し登ることに。
このあたりから三鈷峰が見え始める。

IMG_5071.jpg IMG_5072.jpg IMG_5074.jpg

三鈷峰の雪と岩のコンラストが素晴らしい。6合目の避難小屋は屋根の部分が少し見えるだけ。
弓ヶ浜や日本海はぼんやりとしてみえません。


IMG_5077_201403211246526a9.jpg IMG_5082_20140321124652ef9.jpg IMG_5084.jpg
ここから7合目。8合目と急斜面が続く。融けはじめた重くやわらかい雪で時折滑り、
アイゼン、ピッケルも効かないでボソボソ状態である。
8合目を過ぎると稜線が見え始めた。

IMG_5085.jpg IMG_5087.jpg IMG_5089.jpg

木道はほとんど雪の下で、この辺りは風が強く飛ばされたところだけが僅かに顔を覗かせている。
山頂避難小屋の屋根が見えてきました。

IMG_5091.jpg IMG_5092.jpg IMG_5094.jpg

11:40避難小屋に到着です!ここまで約3時間
先に小屋の中で昼食を摂ることに。中には5人ほど食事をされてた。
熱いラーメンと握り飯を頬張り一服です。コーヒーで体も温まったので弥仙山頂に向かうことに。
山頂手前から剣ヶ峰の雄姿に圧巻です!

IMG_5099_20140321132056d0d.jpg IMG_5097.jpg IMG_5101.jpg

弥山山頂に向かいましょう!
山頂からは、剣ヶ峰の右奥に烏ヶ山、左奥に、甲ヶ山の峰々が見える。
しばしカメラタイムのあと、名残惜しいですが下山しましょう。

IMG_5108.jpg IMG_5110.jpg IMG_5113.jpg

12:40避難小屋から八合目、七合目と三鈷峰の展望を眺めながら順調に下って行く。
やはり、昼からだと大分雪が緩んでいて足を取られる。

IMG_5111.jpg IMG_5115.jpg IMG_5116.jpg


麓の豪円山スキー場も霞んでよく見えない!
6合目の避難小屋が見えてきました。下りはやはり早くここまで30分。

IMG_5118.jpg IMG_5119.jpg IMG_5120.jpg

5合目の少し上部から右に折れて行者谷登山道に。
ボソボソ雪の急斜面に足を取られ悪戦苦闘!何とか元谷へ下る。

IMG_5122.jpg IMG_5126.jpg IMG_5128.jpg

元谷小屋まで降りてきました。河原に出て壮大な大山の北壁を眺める。

IMG_5130.jpg IMG_5132.jpg IMG_5133.jpg

林道を歩いて大神山神社に到着。ここでアイゼンを外して参道へ。(両脇の雪の壁は約2M)

IMG_5135.jpg IMG_5136.jpg IMG_5138.jpg

大山寺山門を経て雪が残る参道を下って南光河原駐車場に戻る。
さすがに重い湿った雪に重労働!加えての暑さで脹脛と太股がパンパンです!
帰りに大山レイクホテルでゆったりと入浴、疲れを癒して帰路に着いた。
お疲れ様でした!


スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

権兵衛さん、天狗山レポを拝見しました
網干からだと1時間弱で行けるのですね
帰りは連絡が良かったのか30分で網干まで戻られていますね
レポを拝見するとスタート地点の寒河八幡神社に南極の石が置かれているのですね
大山へも行かれたのですね
雪も緩んで歩き辛かったようですね
貼り付けて頂いた写真を見ると雲もない快晴のようですが、黄砂などで霞んでいたのですね

NoTitle

権兵衛さん、大山のレポート拝見しました。
さすがは健脚3人さんですね、予定通り登頂されてよかったですね。

もの凄い積雪でも融け始めて重い雪でしたか。
剣ヶ峰のセッピがでっかいですね。
晴で日焼けされたのではありませんか?
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索