紅葉を求めて矢筈ヶ山にーアップしましたー

紅葉を求めて矢筈ヶ山にーアップしましたー

10/26 会の山行きで鳥取県琴浦町の一向平から矢筈ヶ山と大山滝でした。(参加 39名)
天気も良く暑くて汗ばむ天候でしたが、見事な紅葉・黄葉を楽しみながらの充実の一日でした。
IMG_6701.jpg IMG_6737.jpg
大山滝と小矢筈

往路: JR網干駅~山陽道・中国道・米子道~蒜山IC~R44~一向平キャンプ場 3時間20分
復路: 一向平キャンプ場~R44~R313~米子道・中国道・山陽道~JR網干駅  約3時間


行程: 約12K 7時間05分(休憩含む)
一向平キャンプ場(9:45)大山滝展望台(10:27)おお休峠避難小屋(12:05~12::55)矢筈ヶ山(13:39~13:13:50)
大休峠避難小屋(14:35~14:55)大山滝(16:08)一向平キャンプ場(16:50)
IMG_20141029_0002.jpg
観光協会山の地図をお借りしました。
IMG_6682.jpg IMG_6685.jpg IMG_6686.jpg
琴浦町にある矢筈ヶ山は山の形が弓矢の矢筈に似ていることからこの名で呼ばれています。
一向平キャンプ場で登山準備。Mさんの指導でまずはストレッチで体をほぐしてスタート!
良く整備された遊歩道をしばらく進むと大山の姿がクッキリと。
さらに狭い急登の階段をロープの助けを借りながら下り大山つり橋(長さ30M、高さ45M、幅1M)を慎重に
ゆっくりと渡ります。
IMG_6687.jpg IMG_6692.jpg IMG_6758.jpg
つり橋を渡ると狭い登山道に変わり、旦那小屋跡(たたら師が住んでいたところ)、木師屋敷跡を経て、
「日本の滝百選」の一つ、二段滝で知られる大山滝展望台の到着。
IMG_6695.jpg IMG_6699.jpg IMG_6700.jpg
展望台からは水量豊富な落差37Mの二段滝の素晴らしい眺めを堪能した後、檜林の地獄谷分岐を右に取り
ブナ林の自然林が続く急な登山道をジグザグに登って行く。
IMG_6701_20141030184714f47.jpg IMG_6709_201410301847142ac.jpg IMG_6710.jpg
この辺りから紅葉が見れるようになりしばらくは登山道沿いの木々の紅葉を眺めながら高度を増していく。
IMG_6711.jpg IMG_6713.jpg IMG_6714.jpg
木々の間から烏ヶ山の姿が現われた!立ち止まって景色にうっとりとする会員達。
IMG_6715.jpg IMG_6718.jpg IMG_6719_20141030185912a03.jpg 
ブナ林の自然林の黄葉をを楽しみながら高度を上げて大休峠に向かう。
IMG_6720.jpg IMG_6721.jpg IMG_0839_201410311044389a1.jpg
左手に烏ヶ山を見ながら平坦な道を進んでいくと避難小屋が見えてくる。
大休峠に到着、立派な避難小屋にはトイレもあり、毛布類が備えられ綺麗に整理されている。
ここで休憩、食事後、全員の集合写真を撮って矢筈ヶ山に向かう。
IMG_6724.jpg IMG_6727_20141031110213b35.jpg IMG_6728.jpg
避難小屋の前から急登のブナ林に入って行く。登山道の途中から大山が見える。急登を登りきると
ブナ林の前方に矢筈ヶ山が見え始める。キャラボクやイチイの灌木を登りきると矢筈ヶ山の山頂だ。
IMG_6731.jpg IMG_6732.jpg
避難小屋の前から急登のブナ林に入って行く。
登山道の途中から大山が見え、。急登を喘ぎ登ると傾斜が緩みブナ林の前方に矢筈ヶ山が見え始める。
キャラボクやイチイの灌木を登りきると一等三角点の矢筈ヶ山(1358.6m)の山頂だ。
IMG_6737_20141031114629f78.jpg  IMG_6735.jpg IMG_6734.jpg
矢筈ヶ山山頂からの360度の展望は、素晴らしい。正面に小屋ズの岩峰、その左奥には甲ヶ山、振り返れば
大山の雄姿が楽しめる。大山方面は、少し雲が掛かっているのが残念。
IMG_6741.jpg IMG_6744.jpg IMG_6745.jpg
山頂は狭いので名残惜しいが順番に下山しましょう。
急登の登山道を慎重に下り大休峠まで帰って、全員が揃うのを待って往路を一向平キャンプ場に戻ります。
IMG_6750_2014103111545671a.jpg IMG_6753.jpg IMG_6754.jpg
登りとは違った紅葉風景を楽しみながら大山滝まで戻って来た。
IMG_6755.jpg IMG_6756.jpg
IMG_6761.jpg
大山つり橋を渡り最後の急登を登ると一向平のキャンプ場はすぐそこだ。


















スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

NoTitle

こんばんわー
動画 レポ 拝見しました。
きれいですね。紅葉もすばらしいです。
とても 楽しそうな歓声があがっていますねー。
和気藹々と 楽しい山行だったのが 伝わってまいります。
ほんとに とんがったお山ですね。

初めて八筈山を知りました。
知らない山が 山のようにありますねー。
また 知らない山をひとつ 教えていただきました。
ありがとうございまーす。

レポート拝見しました

39名様が健脚さんでロングコース歩かれたのですね。

動画も2本拝見して、矢筈ヶ山山頂での様子がよくわかりました。
紅葉がちょうどいい時期でよかったですね。

こんにちは

こんにちは
一向平~大山滝~大休峠~矢筈ヶ山のコース、素晴らしいですね
盛りの紅葉と大山山系の絶景を皆さんで楽しまれて最高ですね
39名さんとは、いつも盛況でいいですね
羨ましい限りのコースです、一度歩いてみたいものです

矢筈ヶ山

権兵衛さん こんばんは
大山の勇姿、存在感抜群の小矢筈、日本の滝百選の大山滝
そしてすばらしい紅黄葉といい山歩きになりましたね。
動画を拝見させて頂くと山仲間さんの感動が伝わってきました。

山休は大勢での登山経験が無いのですが、とても楽しそう。
レポアップありがとうございます。




すばらしいです!!今が一番ですね

写真みせてもらいました
どの写真もいいショットで
撮られてよくわかります
私は行けなくて残念!
今度11月15日も
かさなっていていけません

このブログ
作り方また教えてください
私もやってみたいので
よろしくお願いします。
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索