氷ノ山に-アップしましたー

氷ノ山に-アップしましたー

1/22 三連休は天気が良いのでMさんからお誘いを受け、氷ノ山に出掛けました。
先日初冠雪した雪は融けはじめ、一部登山道はぬかるんでいましたが、こしき岩から山頂への
登山道は雪が残り、凍てついて滑りやすかったです。
   IMG_7049.jpg
             氷ノ山山頂避難小屋
   IMG_7051.jpg
             山頂直下の登山道
往路:自宅~R29~若桜氷ノ山キャンプ場 2時間15分
復路:往路を帰る


行程:約8.4k 歩行時間 4時間15分(休憩含む)
キャンプ場(8:50)氷ノ越避難小屋(9:50)仙谷コース分岐(10:38)氷ノ山山頂(11:5~11:30)
氷ノ越避難小屋(12:27)キャンプ場(13:05)
IMG_20141126_0001.jpg
IMG_7012.jpg IMG_7013.jpg IMG_7015.jpg
自宅から2時間ちょいでわかさ氷ノ山キャンプ場にある駐車場に。登山者は先客の若者3人組と私達と同時に
大阪から来られた夫婦のみ。
立派なコテージやトイレと設備がそろっているキャンプ場だ。
多分、雪融けで登山道がぬかるんでいると思われるのでスパッツを付けて登山口へ。
少し登ると獣除けの電気柵が設けてあり、クリップを外して登山道に向かう。
IMG_7016_20141124190124a37.jpg IMG_7020.jpg IMG_7023.jpg
杉林の中をしばらく進むと立派な表示板が立っている。新設されたものかな?ツキノワグマの情報やら登山地図
が掲示されています。標柱には、キャンプ場から山頂までの間に10本あり、ハングル文字も表示されています。
5,6人のグループが下りて来られ話をすると、ご来光を見に3時から登られたそうだ。
後日、若桜の山ボーイから「お会いしたのは、ヒュッテ白樺の”のりさん”年間百回前後登っておられる
氷ノ山の主みたいな方、ご来光登山の主催者です。」と掲示板に書き込みをいただきました。
IMG_7024_201411251701309df.jpg
緩やかなジグザグの登山道を進み、どんどん高度を上げていく。少し急登を登りきると視界が開け
避難小屋が見えてきた。
IMG_7026.jpg IMG_7027.jpg IMG_7030.jpg
キャンプ場から1時間で氷ノ越に到着、ここから右にとり、氷ノ山山頂に向かいます。
先日降った雪が融けずにちらほら残っている。温度が上がるとぬかるんで厄介だ。
IMG_7029.jpg
ブナの林は葉が落ちてしまったが、青空に映え威厳があり思わず足が止まる。
IMG_7032_2014112517470442b.jpg IMG_7033.jpg IMG_7036.jpg
しばらく道なりに進んでいくと登道山道にスノコが湿地を保護のため?敷いてある。
この辺りは石と黒土でぬかるみ歩きづらい。
視界が開けた登山道から山頂の避難小屋を望む。
IMG_7037.jpg IMG_7039.jpg IMG_7041.jpg
こしき岩が見え始めたら仙谷コースの分岐だ。案内板と指導柱が建っている。
すぐ先からこしき岩をよく見ると岩を登る人の姿が・・先行された若者グループのようだ。
IMG_7042.jpg IMG_7043.jpg IMG_7044.jpg
こしき岩直下からコース最大の難関である狭い雪が残る凍てた巻道を慎重に進んでいく。
IMG_7045.jpg IMG_7051_20141125182813363.jpg IMG_7049_201411251828121bc.jpg
このあたりから正面に鉢伏スキー場が見えてきます。(茶色くなっているところ)
頂上直下の階段を凍てた雪で滑らないように注意して登り詰めると一等三角点の建つ1510mの氷ノ山に着く
山頂からは、360度の展望が楽しめるが、周囲の山々は霞んで良く見えなかった。
山頂には5.6人の登山者が食事を摂られていました。
IMG_7047.jpg IMG_7048.jpg IMG_7052_20141125214602c41.jpg
扇ノ山方面もやはり霞んではっきりしないのでサッサと食事を済ませ、下山することに。
大阪から来られたご夫婦に写真を撮って頂き山頂を後にした。
IMG_7054.jpg IMG_7056.jpg IMG_7057.jpg
念のため、こしき岩を巻く時は滑りやすいのでMさんはアイゼンを私はチェーンアイゼンを付けて歩く。
今季初めての装着、安定して歩きやすい。
振り返ると下って来た山頂の避難小屋がササの間から顔をのぞかせている。
IMG_7058.jpg IMG_7060.jpg IMG_7061.jpg
雪どけのぬかるんだ登山道を滑らないよう慎重に下り、ブナ林まで戻ってきた。 
避難小屋を通り氷ノ越を左に折れてキャンプ場に下って行く。 
IMG_7063.jpg IMG_7064.jpg IMG_7066.jpg
登りと同じ道をドンドン下り獣除けのゲートを出るとキャンプ場だ。
植裁されている真っ赤なドウダンツツジがキャンプ場を彩って鮮やかだ。
IMG_7068.jpg IMG_7069.jpg IMG_7070.jpg
駐車場には、総合案内板が建てられ、詳しい周辺地図と登山道が記載されています。
来た時よりも車が増えており、展望台や周辺を散策されている方が結構おらてた。
今回、天候に恵まれ、暖かったので気持ち良く歩けましたが、もう少し雪が残っていたら・・と。
参考
山ボーイさんから「氷ノ山標識の改修工事は昨年から始まっており、原生林の木道、階段、案内板と
次進んでいました。今年になり仙谷コース・三の丸コースも既に完了?。おそらくここ一ヶ月くらいの間に
合目表示の標柱が設置されたものと思います。」との情報を頂きました。
スポンサーサイト

Guide
  •  …この記事と同じカテゴリの前後記事へのページナビ
  •  …この記事の前後に投稿された記事へのページナビ
 

~ Comment ~

氷ノ山

権兵衛さん こんばんは
ご心配下さりありがとうございます。
腰の方はだいぶ良くなりましたが
まだ山歩きは無理な感じです。
なんとか12月には復活をと思っているのですが!

氷ノ山レポ拝見しました。
見事な青空でいい山歩きになりましたね
一度しか登っていませんがチャンスがあればまた行きたいですね。

いつも山のお便りありがとうございます。

こんにちは

権兵衛さん、こんにちは
氷ノ山登山、楽しく拝見しました
流石氷ノ山、頂上付近はもう雪が積もり、道は凍っているのですね
でも今はもう溶けたかもしれませんね
案内板、標識、木道などいろいろと整備されているようですね
人気の山ですし安心できて助かりますね
私は氷ノ山も長らくご無沙汰です
権兵衛さんは元気にあちらこちら登られていいですね
  ※コメントの編集用
  シークレットコメントにする (管理者のみ表示)

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

MENU anime_down3.gif

同じカテゴリの記事が一覧表示されます
同じタグの記事が一覧表示されます
更新月別の記事が一覧表示されます
キーワードで記事を検索